【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「ブレイブ・ストーリー 上中下巻」(宮部みゆき)のヘボい感想

ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)

ブレイブ・ストーリー (上) (角川文庫)

ブレイブ・ストーリー (中) (角川文庫)

ブレイブ・ストーリー (中) (角川文庫)

ブレイブ・ストーリー (下) (角川文庫)

ブレイブ・ストーリー (下) (角川文庫)

 ようやく読み終えました、ブレイブ・ストーリー。今は遠くに行ってしまった?知人が勧めてくれた本。想い出深い本。終盤泣けるというのがお勧めのポイントでした。ちなみに中間報告の前記事はコチラ
 わたしは週2〜3日、仕事の合間に本を読んでますんで、この3冊を読み終えるのに丸々2ヶ月かかってます。長かった、そのおかげで序盤から中盤にかけての記憶がかなり曖昧になっております。ご了承のほどを。

リアル世界の描写がやたら多い

 そもそもこの作品に触れたのは、ずっとむかしにテレビ放映されたアニメ映画から↓

ブレイブ ストーリー [Blu-ray]

ブレイブ ストーリー [Blu-ray]

 あまりに遠い昔のためか、内容の記憶はほぼありません。ただ、ファンタジーの世界へ男の子が行くこと。仲間として緑色のトカゲ風男ニャンコねーさんが居たことくらい。
 ところがところが、原作本だとファンタジーの世界、幻界(ヴィジョン)へ行く前の普通の世界の描写がかなり続く。そう、上巻の8割くらいまでか。たぶん、アニメだとほんの序盤くらいではなかろうか?。
 しかもその内容がキツい。主人公の亘(ワタル)の両親の離婚話を延々と。もちろん、ワタルの友人であるカッちゃんや、もう一人の主人公とも言えるミツルら、子供の世界も描かれているが、基本、父親の理不尽な行為により母親とワタルがヒドい目に遭う路線を貫いている。

そしてファンタジーで泣く

 女神に会って願いを叶えるために幻界にやってきたワタル。旅の始まり。このあたり、ゲーム好きの宮部みゆきらしく、RPGをはじめるワクワク感みたいなものをしっかりと味わわせてくれる。
 ともあれキ・キーマ(トカゲ)とミーナ(ニャンコ)である。大事な仲間。読んでいて一番ツラかったのがこの二人との別れ。そりゃ、中間報告でも書いたカッツねいさんの死、そしてミツルの死もかなり涙腺を刺激されたが、今のわたしの感情移入先はこの二人で決まりである。

キ・キーマとミーナの気持ち

 ワタルも二人との別れがツラくないわけがないが、ワタルはやるべきことをやり遂げたのである。二人との別れも乗り越えるべき課題のひとつなのだ。なんというか、ある意味納得のいく別れである。しかし二人にとってワタルとの別れは、わかってはいても、受け入れがたいこと。
 だってそうでしょ?(子供かオレは)、ワタルは旅人なので現世(うつしよ)に帰るべき人だけどさ、理屈ではわかっていても、できるなら別れは避けたいことだよね。でも、でも、でも、ワタルにとっては別れるのが進むべき道なのだ。
 この温度差、これがツラい。ワタルのことをこんなに思っているのに、ワタルは去ってゆく。ミーナはそのツラい気持ちを素直に表に出してくれる。キ・キーマだって実は同じ。我慢すべきという気持ちが強いだけで、心の中はミーナと同じなのだ。

というわけで

 なにが、というわけだかよくらからないが(笑、正直、ワタルは幻界に残ってミーナといっしょになる?のもアリじゃなかろうかと、とても現実味のないことを考えているわたしです。だって、わたしゃミーナの味方だから。
 楽しめました。ドロドロ、ワクワク、ウキウキ、そして涙。そんな作品です。