【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「マネーモンスター」のメモ

 

マネーモンスター(初回生産限定) [Blu-ray]

マネーモンスター(初回生産限定) [Blu-ray]

  • 発売日: 2016/10/12
  • メディア: Blu-ray
 

  わたしの大好きな女優さん、ジョディー・フォスターが監督だったので、予約録画。残念ながらご本人は出ておりません。

 主演はジョージ・クルーニー。ERで初めて見た俳優。今や大御所何でしょね〜。逆に言えば、ハズレが少ない可能性大。観始めてしばしダラダラしてましたが、スタジオジャック犯が登場してからは、なかなかのサスペンス。

 でもね、爆弾の受信機を狙われたところから、急にジョージの言うこと聞くようになった犯人に違和感がありましたよ。結末は致し方なし、といった感想。

 大きな力を持ち、世の中を動かす人。彼らをちゃんとチェックすべし、ってのがジョディーの言いたいことだったんですか?。それとも単純に投資の怖さ?。

 ちょうどこの頃、こんなハナシを読みました。1億の貧乏人に一千億円を配っても、世の中何ら変わらないが、そのお金を優秀な金持ちに預ければ、何かが変わるかもしれない。なんてね。どう変わるんだい?、誰のためになるんだい?、と疑問も多いハナシですね。わたしゃそっち側の人間では決してないので、正直、やっかみしかありませんw。

 と言うわけで、一部違和感を覚えたものの、久々にジェットコースターのように観ることができた映画でした。たまにはこう言うのもいいですね。オススメします。

「まあだだよ」のメモ

 

まあだだよ [Blu-ray]

まあだだよ [Blu-ray]

  • 発売日: 2009/05/29
  • メディア: Blu-ray
 

  黒澤明監督作品。前にも当然のように観てますが、すっかり忘れていたので予約録画。

 主人公の先生(松村達雄)のキャラが全てな映画です。それにしても巨匠というものは、歳をとるにつれて、理解のしにくい作品を生み出すものだと、どこかで読んだことがあります。宮崎駿然り。

 なんてことはない先生の引退後の描写。生徒たちに熱く慕われていたのが財産。毎年のように誕生日会(魔阿陀会?)を開催してもらえる、羨ましい人格者。でもね、昭和中期生まれの私でも、ちょっと見てて恥ずかしいようなところが散見されます。時代のギャップとでもいうのでしょうか?。

 そうそう、歳をとると童謡に目覚めるみたいで、そういえば最初の職場の上司も高級車に乗りながら、カセットで童謡を聴いておりました。まだまだ目覚めていない私には、良さがわかりません。

 というわけで、黒澤らしさはとんと感じられない作品ですが、お酒の飲み過ぎには気をつけましょうと思わせる、そして、飲める人が羨ましくもある、そんな映画です。70代くらいの人にオススメしておきます。

「小さな恋のメロディ」のメモ

 

小さな恋のメロディ [Blu-ray]

小さな恋のメロディ [Blu-ray]

  • 発売日: 2015/12/22
  • メディア: Blu-ray
 

  これ、リアルタイムでロードショー見に行ったんだよね、いつだか忘れたけれど。記憶として残っていたのは、映画のラストでシーソーみたいなのを漕ぎながら、線路を行く二人。トレーシー・ハイドのパンツが丸見えだったことだけ、鮮明に覚えております。

 がしかし、今回何十年ぶりに確認したのですが、それほどはっきりと写ってないじゃん!、トレーシーのパンツ。記憶っていい方に改竄されるのね。

 とくだらない話しは置いといて。Bee Geesの歌が懐かしい。たまにカラオケで、メロディー・フェアとファースト・メイだっけ?は歌ってます、下手ですが。

 意外だったのは、トレーシーが思うほどに美人さんじゃなかったこと。もちろん可愛いんですが、どちらかというとマーク・レスターの整った顔の方が印象に残ります。主役だしね。ってか、原題はMelodyなんですよね、今回初めて知りました。ってことはトレーシーが主役か?。

 というわけで、とにかく懐かしさに溢れておりました。この歳でこんな恋ができたら、その後の人生、変わってただろうなぁ〜、としみじみと思う今日この頃。お歳を召した方にオススメします。

「デューン/砂の惑星」のメモ

 

デューン/砂の惑星 日本公開30周年記念特別版 Blu-ray BOX
 

 古いよね、かなり。昔この原作を映画化するのは絶対に不可能だ!、と言われた(良く言われることだけど)砂の惑星ですが、だれかさんがやりましたね。

 そのだれかさんが、こともあろうにデビッド・リンチ監督だったんですよ(テロップで確認w)。しかも主役がカイル・マクラクランときたもんだ。コレは一筋縄ではいかないね〜。

 というわけで、なかなかに分かりにくい世界観でした。貴族同士の争いが、スパイスを通じて皇帝まで巻き込み、あれよあれよという間に、宇宙を支配?。そんな感じ。

 難解が好きでないと、見ることのできない作品だね。だれか頑張って見て、3行にまとめてくださいまし。

 

「カウボーイ&エイリアン」のメモ

 

 何故予約したか?、観てわかりました。ダニエル・クレイグ主演に、ハリソン・フォードですもの。怪しげな題名ですけどね。

 例によって金持ちによって牛耳られている田舎の町。何故か鎖に繋がれて寝ていたダニエルが、その街を訪れ一悶着起こします。

 で、その金持ちってのがハリソンじいさん。そのバカ息子が暴れていたらば、いきなり現れる未確認飛行物体。光線銃のみならず、鎖で人間を生け捕ってます。

 みたいなストーリー。大したもんじゃないけれど、ダニエルがカッコイイから観てしまう。そうそう、ハリソンが育てた孤児の男の子、あのシーンは号泣ものでした。

 というわけで、適当に楽しみたい方にオススメします。

 

「真珠の耳飾りの少女」のメモ

 

真珠の耳飾りの少女 [Blu-ray]

真珠の耳飾りの少女 [Blu-ray]

  • 発売日: 2017/10/03
  • メディア: Blu-ray
 

 ご存知、フェルメールの映画化。あの少女をスカーレット・ヨハンソンが演じてます。むむ、この名前、何かで聞いたぞ!(有名人ですから)と思ったら、なんと草薙素子でしたね〜。わたしの抱きたいNo. 1の素子♪。

 若いです、スカーレット。髪を隠しているあの衣装だと、すんごく似てる雰囲気バリバリ。あの少女にね。

 アーティストっぽく、あんな問題で色々あるフェルメールの家(一応婿さん)。子供がやたら多いけれど、奥さんは当然のようにやきもち焼き。

 で、フェルメール自身が、まあ喋らない。凄く寡黙。そしてスカーレットへの接近の仕方も、酷く繊細。いい男なんだけど(役者のハナシね)、度胸は無いんだよね。なんかわかる、度胸ないところだけ。

 というわけで、あの絵は最後の最後に映し出されます。スカーレットは凄く似てるけど、原作の方が可愛めな顔かな?。昨今、アレは耳飾りではない!、なんてハナシも出てますが、それはそれ、楽しめる映画でした。オススメです。

 

「パーフェクト・プラン」のメモ

 

 大金が絡むクライム・ムービー。お金に困っている若い夫婦。地下の部屋を貸していた怪しい野郎がいつのまにか死んでいて、その天井裏から数千万円のさつたばが!

 悩むよね、実際。警察も現場検証で気づかなかったお金。そりゃ欲しくなりますよ。バレちゃいけないんで、お金は地下の部屋に隠し、ほんの少しづつ使おうと誓う2人。

 でもね、警察も怪しんでいたわけですよ、なにかあるんだろうと。そしてその金の出所が最悪。ニッチもサッチも行かなくなり…。

 というわけで思うんだけれど、一体何がパーフェクトプランなのかがワケワカメ。お金を慎重に使おうとしたこと?。悪人を嵌めようとしたこと?。ホント、不明。原題はというと「Good people」。だれが善人なんやねん!、とさらにワケワカメ。サクッと楽しめますんで、気軽に楽しみたい方にオススメです。

 

「億男」のメモ

 

億男

億男

  • 発売日: 2019/04/08
  • メディア: Prime Video
 

 プライムビデオ。説明を見ると凄く面白そう。で、早速鑑賞。あれ、このわけわからないパーティー、見たことある…。あれ、競馬場の胡散臭い金持ち、見たことある…。あれ、新興宗教の怪しい教祖、見たことある…。

 で、だいぶ進んだけど、オチが思い出せない。結局最後まで見て、う〜む、オチだけ忘れたのか?、あまりにもくだらなくて途中で挫折したのか?、わからないまま。

 ハナシは良いんだけど、時系列の描き方が好きじゃない。特に冒頭のパーティーシーン。正直気持ち悪い。アソコで再生を止めちゃう人、多数だと思う。

 というわけで、なんだかんだ文句言いながら、見終えちゃうんだから、そのくらいの面白さもあるんだろうなって。わたしにも早く宝くじ当たってくれぇ〜。

 

「エリジウム」のメモ

 

エリジウム [Blu-ray]

エリジウム [Blu-ray]

  • 発売日: 2014/07/02
  • メディア: Blu-ray
 

 気分転換のSF。マット・デーモンなんだけど、ストーリーが凄く漫画っぽい。そこに違和感。

 致死量や放射線を浴びたら、あ〜じゃないでしょ。まず、皮膚の発疹が先。薬で抑えるって、どうやっておさえるの?。リアルから程遠い。

 でも、アクション映画として楽しめば良い。時間と短いし(放送時間か?)、展開は早い。一瞬でどんな病も治してくれる医療ポッド、アレ欲しい。

 というわけで、あのオチで、幸せが続くのかが我慢。オススメにはちとキツいか?。

追加・書き忘れてました、ジョディ・フォスターが出ています。それなりの歳なのに、体絞ってますね、偉い。昔から大ファンです。

 

「武士の家計簿」のメモ

 

武士の家計簿(初回限定生産2枚組) [Blu-ray]

武士の家計簿(初回限定生産2枚組) [Blu-ray]

  • 発売日: 2011/06/08
  • メディア: DVD
 

 コレは観たことあるかも、と思いつつ予約録画。で、ラッキーなことに初見でした。

 コメディタッチの時代劇かと思ったら、結構シリアス。最初の頃こそ笑えたものの、終盤には何度も号泣(わざと泣くようにしてます、わたし)。

 家族が順次亡くなってゆく。父親と息子の確執。もうね、涙が止まりません。久々に親父のことを思い出してしまいました。

 そろばん侍として、藩の経済を支えていた家計。大政奉還後は刀ではなく、その能力が重宝される。うん、いい話や!。

 というわけで、オススメです。是非観てください。

 

「ブレイン・ゲーム」のメモ

 

ブレイン・ゲーム[Blu-ray]

ブレイン・ゲーム[Blu-ray]

  • 発売日: 2019/03/06
  • メディア: Blu-ray
 

 アンソニー・ホプキンス主演ゆえ、プライムで鑑賞。

 観てすぐ思う。カメラワークが下手。B級の匂い。なんでそんなに人物に寄るの?、圧迫感があって見づらいよ。

 でも我慢して最後まで見ましたよ。ホプキンスだし。内容的にも褒められた出来ではありません。いわゆる超能力捜査官みたいな。

 女の刑事が、やたらいい体してた、特に胸、なのは良いとして、あとは褒められるとこ無いよね。

 残念ながらオススメできません。

 

「あゝひめゆりの塔」のメモ

 

 その存在は当然のように知っていましたが、観たことなかったので。

 古いが故に、舞台劇っぽい大袈裟な演技が気になるのは、いたしかたないところ。

 終盤は良しとしても、それまでの攻撃してくる戦闘機が、ただのセスナ機なこと。全体的にキレイ。リアルさがかなり足りないこと。なんで2人だけガス攻撃を凌げたのか?、などなど、今の視点から見ると色々ありますが、恐らく当時の人たちはこの映画から強い衝撃を受けたのだと勝手に想像します。だから、そこは突っ込んじゃいけない。とさっきから同じことのオンパレード。よっぽど気になったんだな、わたし。

 というわけで、何回か泣けましたが、それはわたしの想像力によるもの。沖縄決戦、今一度リアルにリメイクして欲しい、と強く思いました。

 

「インディペンデンス・デイ : リサージェンス」のメモ

 

インデペンデンス・デイ:リサージェンス   (字幕版)

インデペンデンス・デイ:リサージェンス (字幕版)

  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: Prime Video
 

 インディペンデンスの続編ということで予約録画。と言いつつ、前作の詳細、忘れてます。

 まあ、贅沢に作っているんでしょうか?、CGだけど。前回で宇宙の技術も手に入れたし、今回は謎の味方も居たみたいだし、なんだけど、結局は都合がいいというか、運がいいというか、上手く行き過ぎとというか、ま、そんな感じは、どうにも避けられません。

 というわけで、そこそこ楽しめたからいいんじゃないですか?。ただし、人様に勧めるには、ちと弱い。そんな感想です。

 

「地獄の逃避行」のメモ

 

地獄の逃避行 [Blu-ray]

地獄の逃避行 [Blu-ray]

  • 発売日: 2017/12/16
  • メディア: Blu-ray
 

 ロードムービーは嫌いじゃないから予約録画。驚いたのはマーティン・シーンの若さと格好よさ。確かにジェームス・ディーンに雰囲気が似てなくもない。

 10歳も年下の女の子に惚れて、反対するその父親を殺し、当てのない旅に出る2人。どうしょうもないクズですよ、2人とも。でもね、思ったままに行動する彼らに、何か惹かれるものがあるのは事実。実際にできないことだからね〜。

 当然の結末を迎え、うん、それが社会ってものだからね、と分かったふりをする。ふりだよね、ふり。

 というわけで、格好いいマーティン・シーンが見たい人にオススメです。女の子はそれほど可愛くありません。お尻は可愛いけど。

 

「月に囚われた男」のメモ

 

 なんとなくお題に惹かれて予約録画。月の裏側で三年間、地球で使用するエネルギーの元となる鉱物の採掘を、単身赴任で行う男。

 ある日、作業者の故障を見に行った男が、とんでもないものを見る。何を見たか?、それを書いちゃオチの半分近くが暴露されるので、言いません。

 ひどい会社だよね、ありえない。人間の尊厳って未来永劫保てるんでしょう?

 というわけで、何も書けない苦しさゆえ、終わりにします。まあ、オススメしてもいいかな、って感じです、ハイ。