【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のメモ

 

マネー・ショート 華麗なる大逆転[AmazonDVDコレクション]

マネー・ショート 華麗なる大逆転[AmazonDVDコレクション]

  • 出版社/メーカー: パラマウント
  • 発売日: 2018/03/20
  • メディア: DVD
 

  リーマンショックをドキュメンタリー風に描いた作品。崩壊を予測していた人が居た!、ってことですが、予測しなかった、できなかった業界人の方が頭おかしいと勝手に思いました。

 難しいハナシですんで、内容は把握できていません。保険に入ってめっさ儲かるのかと思ったら、そうでもないみたいな。

 ともあれ、素人にはどうにもわからない世界であることがよ〜くわかります。怖いよね〜、投資って。やって見たいけど、原資が...

 というわけで、ホントにメモだけでした。

「キューポラのある街」のメモ

 

キューポラのある街 [DVD]

キューポラのある街 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 日活
  • 発売日: 2002/11/22
  • メディア: DVD
 

 キューポラって何?、ググると小さな溶鉱炉とその煙突。昔鋳物工場の多かった埼玉の川口市、その風景によく見られたのが、特徴的なその煙突の風景、というわけ。

 初見です。別にサユリストではないので正直に書きますが、吉永小百合はもっと年取った後の方が綺麗だと思います。若さ溢れていて、顔もパンパンなのは確かに可愛いですが。意外だったのがお尻も可愛かったこと。スタイルについてはあまり印象がなかったから。

 でですよ、北朝鮮に帰る在日の人たちは別にいいんですが、というか祖国に帰るのを日本は支援すべきでしょう。それはそれですが、終盤になって、組合がいいとか、全日制の高校を諦めて、仕事しながら定時制に通うことを決心したじゅん(小百合ね)の心情の描写が、どうにも左というか赤臭いのが、時代ゆえなのかなと。

 何やら続編もあるそうですが、ってか、この原作って児童文学だったらしいけれど、中3だからね、児童ってくくりに違和感あり。

 というわけで、いろいろ文句ばかり並んでしまいましたが、懐かしい昔の日本の日常が、とても面白く楽しめました。

「ライフ」のメモ

 

 

ライフ (オリジナルカード付) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ライフ (オリジナルカード付) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2018/07/04
  • メディア: Blu-ray
 

  コレは、そう、真田広之の名前があったから、予約録画した作品だ。見るからにSF。そして命。なんかね、そのまんまの映画でした。

 正直、ストーリーが王道過ぎてどうしようもありません。宇宙で初見の生命体と出会う。育つ。可愛いと思っていたら、牙を剥かれる。船員が一人、また一人と殺されて行く。そして、地球にだけは行かせてはならない!

 もうホントに王道中の王道ストーリー。なんでコレを作ったのか、わたしが聞きたい。もちろん、コレが最初の出会いの作品であったなら、それなりに心揺さぶられるでしょう。でもね、二番煎じ、三番煎じじゃどうしようもない。

 というわけで、ごめんなさいでした。

「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK」のメモ

 

 比較的新しいビートルズのドキュメンタリー作品。わたしが3歳の時に売れたわけだから、世代的にはもっと上の人なんですよね〜、と納得。

 あまり興味がなかったグループだったので、結構勉強になりました。有名な曲って世界的大ヒットした時のモノが多いんですね。晩年の曲はほとんど聴いたことがなかった。

 というわけで、簡単ですがメモということで。さよなら。

 

「すべては海になる」のメモ

 

すべては海になる [DVD]

すべては海になる [DVD]

 

 プライムビデオ。F、じゃなくて、海。んん?、辞書のハナシか?、と思ったら、終盤でその意味が。

 サトエリですよ、懐かしい。少し経ってもう1人の主人公が出てきます。柳楽優弥、なんかぷくぷくして若くないか?。調べたら公開は2010年。約10年前か…

 書店の店員であるサトエリの物語。人との付き合い方がわからず、すぐに男に抱かれてしまうJK時代。誰かに相談したところ、本を読めとアドバイスを受け、そこから本にハマる。

 柳楽が不安定な高校生をよく演じている。サトエリは好みではないんだけど、だんだん可愛く見えてくるのはなぜでしょう?。

 そしてエンドロールを見て驚いたのが、広瀬アリス。え?、誰?、JKの友達か?、と思って調べたら、おいおいあの店員だったとは。まるっと気づきませんでした。

 というわけで、正直オススメするほどの好みではないんですが、若い柳楽優弥が見たい人は、要チェックですよ。

 

「蜜のあわれ」のメモ

 

蜜のあわれ

蜜のあわれ

 

 二階堂ふみ、まあるいお尻、この2つのキーワードで鑑賞開始。何々、金魚だと…

 観終わってエンドロールにて、原作が室生犀星だとしる。知ったからどうだ、ってハナシですが、原作読んでもワケワカメだっただろうと。

 で、ワンシーンだけまあるい綺麗なお尻が出たんだけど、アレ、ふみちゃんのじゃないよね、きっと。終盤のうつ伏せお尻はほんものだけどさ。

 というわけで、あ、そうそう、幽霊も出てきたんですよ、本当に、ワケワカメ。

 

「ウェス・クレイヴン’s カースド」のメモ

 

ウェス・クレイヴン’s カースド アンレイテッド・バージョン [DVD]

ウェス・クレイヴン’s カースド アンレイテッド・バージョン [DVD]

 

 クリスティーナ・リッチがお目当て。でも、「アフター・ライフ」同様、顔が少し怖い。やはり「モンスター」のときが全盛期だったのだろうか?。

 狼男モノ。クリスティーナのために作った映画、みたいな感じ。おハナシ的には特に取り上げることもないような気がしますが、ノリだけはお上手!、そんな作品でした。

 残念ながら敢えてオススメするほどとは思えません。ごめんなさい。

 

「アトランティスのこころ」のメモ

 

アトランティスのこころ 特別版 [DVD]

アトランティスのこころ 特別版 [DVD]

 

 スティーブン・キングとアンソニー・ホプキンスの名前で予約録画したと思ったが、いきなりデヴィッド・モースが出てきてアレアレと。そっか、このひとの子供時代のハナシがほとんどだったのね。

 しかも、観たことあるはこの映画、記憶は定かではないけれど…

  父は既に他界し、美しい母(ホントに綺麗な母ちゃんです)との母子家庭。お金が無いと欲しい自転車も買ってもらえない、かわいそうな環境の割に、良い子に育っている男の子。その家の二階にある日不思議な老人が同居することとなる。

 流石のボプキンス、演技力に抜かりはありません。安心して見てられる稀有な俳優さん。

 キングらしく不思議な能力を扱ってますが、それを前面に出すことなく、老人と男の子の友情のハナシとしてまとめております。

 なんで今まで会いにいかなかった?、という疑問は残るものの、なかなかに爽やかな作品でした。オススメです。

ps. そうそう、モースより背の高い爺さんが出てて驚いたんだ、わたし。

「ジョバンニの島」のメモ

 

ジョバンニの島 Blu-ray特別版

ジョバンニの島 Blu-ray特別版

 

 ジョバンニ、カンパネルラと名付けた途端にフラグが立つ。まさにその通り。悲しい…

    北方四島のお話。歯舞でしたっけ?。遠い地の出来事であり、どこか人ごとでもあります。でも、そこに生まれ、そこで暮らしていた人たちにとっては、決して譲れない問題。当事者、重みが違います。

 予想通り、号泣できました、何度も。わたしは今、ストレスフリーです。オススメです、観てください。

 

「アフター・ライフ」のメモ

 

アフターライフ [DVD]

アフターライフ [DVD]

 

 クリスティーナ・リッチの名に惹かれて、プライムビデオ。記憶よりちょっと怖い顔になってたけど、赤い下着姿が可愛かったし、おパイお尻も見られて幸せでした、ハイ、おじさんです。

 リーアム・ニーソンがね出てて驚いたけど、彼って結構なB級映画に出ているから、不思議でもなんでもなし。事実、この作品もB級です(私見)。

 葬儀屋が死体と話せるギフト持ち。交通事故で死んだ学校の先生に、あーだこーだ文句言いながら、式を迎えさせる。

 で、終盤わけわかめなんだけど、結局は…。というわけで、クリスティーナが好きな人だけに、オススメしておきます。

 

「ぼくたちの家族」のメモ

 

ぼくたちの家族 特別版Blu-ray

ぼくたちの家族 特別版Blu-ray

 

 この作品はね、原田美枝子ですよ。元々好きな女優さんだけど、良い演技されてます。

 最近物忘れの激しい母親。もしやアルツハイマーか?、ということで病院に連れて行くと…

 そのあとも、家族それぞれの問題が描写されますが、なんといっても原田美枝子がかわいい。こんなお母さんがと思うと、わたし何度も号泣できました。ありがとうございます。

 というわけで、号泣オススメです(泣ける映画認定)。

 

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」のメモ

 

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 [Blu-ray]
 

  コレはね、なかなかの大作ですよ。主演はパッケージの俳優さん、今名前調べますね、そう、ベネディクト・カンバーバッチ。難しい名前だ。前に天才外科医が両手に怪我をして、山奥のお坊さん(女性)に精神を鍛えてもらって超能力みたいので戦う映画あったよね、題名が思い出せね〜。それに出ていた人だ。印象に残る顔。

 数学の天才。天才ゆえ周囲とは馴染めず、子供の頃から孤独だった彼。学校で唯一無二の親友と出会う。がしかし、親友は病に倒れ...。

 そんな彼が大人になって応募した仕事。それがなんとドイツ軍の暗号化マシン、エニグマの解読。毎朝更新される暗号化キー。しかしそれを特には人の手では2,000年もかかるという(そんな感じかな?)。

 集められた天才たちの中でも孤立する主人公。彼は一人で解読マシン、コンピュータの前身とも言える機械を作り上げる。

 コレは史実に基づいたおハナシだそうだ。まさに絶対的な国家機密(英国)。解読する困難さを上回ったのが、解読後の展開。こうするしかないのは、人間のだと思う。

 というわけで、必ず観て欲しい。オススメの塊。

「ホットロード」のメモ

 

ホットロード [Blu-ray]

ホットロード [Blu-ray]

 

 伝説のアニメ云々は置いといて、コレは良いですよ、なんたって能年玲奈がイキイキしている。

 彼女がまた小さい頃、そして中学生の頃でしょうか?、何度か彼女の出演作品を観ています。彼女の役所はだいだい大人を小馬鹿にしたマセガキ。それがピッタシとハマっている。

 ジェジェの違和感は、こんな過去を見ていたわたしには自然なこと。ところがこの作品。昔の玲奈ちゃんがちゃんと生きています。それを見られただけで、満足。

 というわけで、内容無視の感想になってしまいましたが、当然、オススメです。

「PAN〜ネバーランド、夢のはじまり」のメモ

 

PAN~ネバーランド、夢のはじまり~ [Blu-ray]

PAN~ネバーランド、夢のはじまり~ [Blu-ray]

 

 ああコレ、ピーターパンね、と気づいたのは始まってしばらくしてから。相変わらずの鈍さ。

 CGは今時のもので豪華ですよ。ただ、ワイヤーアクションの多用が目に付くのがね、ちょっと。

 男の子は可愛いんだけど、ヒロインがなかなかの骨太で、その可愛さを認識するのに時間がかかった。

 そして黒ひげ。特典映像見て、初めてヒュー・ジャックマンだと知りました。鈍すぎ。

 というわけで、作品としてはまあまあ、暇があったらどうぞ的な感じ。ただし吹き替えはダメだわ。あまりに酷すぎる、特にフック。

 

「祈りの幕が下りる時」のメモ

 

祈りの幕が下りる時 Blu-ray通常版

祈りの幕が下りる時 Blu-ray通常版

 

  コレね〜、まだ14歳だった頃のあの子が、とある男のミニバンに夜出向くところから最後まで、見た記憶あるんですよ。でも、録画したタイトルには「地上波初放送」の文字が。う〜ん、わからん。

 ともあれ、最初からちゃんと観られて良かったです。ちょっとややこしいところもあるけれど、アチコチで号泣させていただきました。松嶋菜々子、良いです。

 男に狂って、借金を残して逃げた母親。それからの人生の悲惨なこと。しかし今は有名な演出家?として、人生を謳歌しているように見える。がしかし。

 というわけで、オススメです。泣きたい人に特に。