【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「ドクトル・ジバゴ」のメモ

 

ドクトル・ジバゴ アニバーサリーエディション [Blu-ray]

ドクトル・ジバゴ アニバーサリーエディション [Blu-ray]

 

  初見。なんかですよ、ドクター・ドリトル的なファンタジー期待感で録画したのですが、なんと、ロシア革命でした。優秀な医学生のロシア革命の波に翻弄された一生を描いた作品。

 まず序曲。オープニングに長い楽曲が始まります。そして中盤であの懐かしいインターミッション。なかなかに壮大でがっしりとした作品作り。

 内容的には登場人物の関係がわたし個人的には混乱の極みでしたが、最終面でようやく冒頭のシーンと結びつきます。そしてロシア革命。自由を求めたはずの革命が、なぜにあそこまで人々に不自由を強いるのか?。お金持ちにとってはってこと?。貧乏な人には幸せな革命だったのだろうか?。などと考えてしまいます。

 というわけで、むか〜しの大作に触れたい方にオススメしておきます。

「フィラデルフィア」のメモ

 

フィラデルフィア [Blu-ray]

フィラデルフィア [Blu-ray]

 

  トム・ハンクス主演の同性愛者に対する差別を扱った作品。優秀な弁護士である主人公が、エイズに感染したことから勤め先より解雇される。その裁判を取り扱っている。

 デンゼル・ワシントンがいい感じで主人公を弁護する役を演じています。差別はダメだが、実生活においては歴然と存在している。そんな矛盾のどうしようもない心情を、どう解決して行くのか?、難しい問題です。

 終盤、号泣。有名な作品ですが、まだ未見の人にオススメです。

「手紙」のメモ

 

手紙

手紙

 

 

 東野圭吾の作品。てTVのHDDに勝手に録画されており、?と思ったら沢尻エリカちゃんが出ていたんですね(キーワード登録)。

 途中で、以前に観ていたことを確信する。でもうろ覚えな感じだから、最後までしっかりと鑑賞。

 エリカちゃん、かわいいわ❤️。メインの感想がコレ。もちろん、終盤何度か涙腺がヤバい状態に。でも、かろうじて堪えられました。

 だれかさんが言うには、最近ドラマスペシャルでリバイバルしたそうな。亀ちゃんが主人公らしい。ともあれ、エリカちゃんが出ていないので、どうでもいいハナシですが。

 というわけで、悲しいお話しです。犯罪を犯すことは悪い。でも、その家族にまで罪があるわけではない。当たり前のハナシだけれど、なかなか難しい…。逆になんで難しくなくちゃいけないのか?、そんな作品です。

「いぬやしき」のメモ

 

いぬやしき スタンダード・エディションBlu-ray

いぬやしき スタンダード・エディションBlu-ray

 

 

 アニメ版で面白かったので、あまり期待せずに実写版である今作を鑑賞。木梨憲武だし…

 ところがどっこい、うまくまとめてあって面白かったですよ。一番心配していた木梨憲武の演技も、ちゃんと真面目にやっているし、相手役の佐藤健もなかなか良い味出してました。はまり役かもしれません。

 この歳になると、いっそのことあの体に変えてもらった方が嬉しいかも、などと真剣に考えてしまいます。自我さえ保てれば、脳みそがなくてもいいじゃない!、そんな気持ち。

 というわけで、面白かったです。おススメします。

「エイプリルフールズ」のメモ

 

エイプリルフールズ Blu-ray 豪華版

エイプリルフールズ Blu-ray 豪華版

 

  こんな感じのギャグ作品はあまり好きではないのですが、なぜかフラフラと最後まで観てしまいました。面白かったんだと思います。

 すでに詳細は忘れておりますが(映画の内容はすぐに忘れる性分)、戸田恵梨香のオタクっぷりとか、相手役のクズっぷり、宮内庁の奥さんの美しさ等々、良い点多し。てか、今キャスト見たら、木南晴夏ちゃんも出てるやん、え?、居たっけ?、ダメだこりゃ。

 と言うわけで、健忘症のメモです、すいません。オススメしておきます。

「アパルーサの決闘」のメモ

 

アパルーサの決闘 特別版 [DVD]

アパルーサの決闘 特別版 [DVD]

 

  ヴィゴ・モーテンセンの名前に惹かれ、予約録画。主人公はエド・ハリスで、やたら格好いいなと思ったら、監督も本人でした。

 比較的新し目の西部劇ですが、十二分に楽しめましたよ。雇われ保安官という立場ゆえに、強くなければ意味がない。この二人は最強クラスです。

 で、途中から参戦したのがレニー・ゼルウィガー。久々に見ましたが、プックラほっぺで妙に可愛い。性格も男がいないとダメ女で、そこがまた可愛い。いやいや、いい感じで目の保養にさせていただきました。

 というわけで、撃ったら死んじゃう世界の恐ろしいお話です。桑原桑原。

「南極料理人」のメモ

 

南極料理人 [Blu-ray]

南極料理人 [Blu-ray]

 

  堺雅人目当てで予約録画。何年だっけか、南極の昭和基地じゃない方に単身赴任した男たちの日常。

 料理人としての仕事ぶりは流石で、見ていて矜持すら感じられる。がしかし、他の個性豊かな男たちの中には、とてもじゃないけれど一緒に生活したくない人も幾人か存在するわけで、仕事とはいえキツいもんだと思う次第。

 生瀬が出ているせいか、ちょっと舞台くさい傾向もなきにしもあらず。その点が平気な人なら面白さは十分にあるので、観る価値がないわけではない。

 というわけで、男だらけの生活を見たい人にはオススメしておきます。

「夜は短し歩けよ乙女」のメモ

 

「夜は短し歩けよ乙女」 Blu-ray 特装版

「夜は短し歩けよ乙女」 Blu-ray 特装版

 

 

 この人の絵、そう四畳半神話体系でしょ。好き嫌いの激しそうな絵柄ですが、わたしはグチュグチュと惹かれるタイプ。

 基本、女の子が可愛い。で、思い出したのが有頂天家族。自信ないですけど弁天様出てましたよね。彼女がメッチャ好きでしたよ、わたし。草薙素子の次くらいに、好き。

 というわけで、出てくる人々は四畳半神話体系のキャラで、主人公の女の子がコレまたすんごく可愛いです。

 というわけで、それだけでオススメです。絵を見て大丈夫そうな人は、ぜひ観てください。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」のメモ

 

リップヴァンウィンクルの花嫁 [Blu-ray]

リップヴァンウィンクルの花嫁 [Blu-ray]

 

 題名から洋画だと思っていたら、邦画でした。後で知ったのですが、監督は前に観た「花とアリス」の人。

 この作品、明らかに主演の黒木華のためのモノ、と思って観てましたが、まさに事実。先に黒木華に出会っていた監督が、彼女のために書いた小説がその原作とのこと。

 どうりで特別好きでもなかった黒木華が、だんだん可愛く見えてくるわけです。彼女のハマり役、からその先へ。彼女はのびのびと演技しているように見えました。

 長い作品ですが、オススメします。

 

「ソルト」のメモ

 

ソルト [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ソルト [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

 前に絶対に観てるよな、と思いつつも、まったく記憶が蘇らなかったので、予約録画。

 どうやら前に観た記憶の確かさは半々といったところでした。おかげさまで最後の最後まで楽しめました。

  非常にややこしいお話。誰が味方で誰がスパイか?、なかなかに良く出来た設定。

 最後の終わり方が余りにもパート2を意識したものでしたが、続きってありましたっけ?

 と言うわけで、おススメです。

「at Home」のメモ

 

at Home [Blu-ray]

at Home [Blu-ray]

 

  竹野内豊主演ということで予約録画。空き巣結婚詐欺の夫婦に、子供達も免許の偽造やら何やらという(忘れた)犯罪者一家。がしかし、ママさんの詐欺相手が本物の同業者だったことから、一家のピンチに陥る。

 各個人のそれぞれの過去を振り返る、よくあるパターンにハマるのですが、それが特に嫌でもなく素直に観ることができました。泣くことこそなかったけれども、それなりに感動。まともに生きてください、みなさん。

「ブラック・スワン」のメモ

 

  バレリーナのお話。主役をめぐる攻防を幻想を含めた脳内映像を絡めて表現されています。ややこしくはあるんですが、圧倒されてしまう何かがありますね。主演のナタリー・ポートマンの名に惹かれて録画予約したのですが、お見事な熱演。この子、バレエやってたんですよね、でなければ、あれほど踊れるわけないですから。

 苦手な人もいるでしょうが、ある種のスポ根モノとして、オススメします。

「心が叫びたがってるんだ。」のメモ

 

心が叫びたがってるんだ。 [Blu-ray]

心が叫びたがってるんだ。 [Blu-ray]

 

  まさかアニメだとは知らずに予約録画。絵柄はよく見る感じ、と思ってググったら、「あの花」スタッフの製作でした。

 泣けましたよ、いっぱい。こういう心の汗を流させてくれる作品は好きです。色々とズルイ所はあるんですが、まあそれは良しとしましょう。気持ちよく泣かせてくれたんだから。

 というわけで、心の汗を流したい人にオススメしておきます。

「この世界の片隅に」のメモ

 

この世界の片隅に

この世界の片隅に

 

 ちょっと前にドラマで観た作品。アニメが後になってしまいました。

 当然、ストーリーは把握しています。ただドラマで描かれていた現代のシーンは、こちらにはないのですね。

 独特の絵柄。少し傾いたようなキャラの姿勢。中盤までのほんわかしたムードと、それ以降の対比がより強く感じられます。

 核兵器の使用は勿論ですが、民間人を標的とした爆撃なんぞ、決して許されるものではない。

 戦争はいかんのです。そう強く思いました。

 

「あん」のメモ

 

あん Blu-ray スペシャル・エディション

あん Blu-ray スペシャル・エディション

 

  内田裕也の追悼記念かもしれません、樹木希林の作品が放映されていたので予約録画しました。

 永瀬正敏が演じるどら焼き屋の主人。ここの求人広告を見て訪れたのが樹木希林。年齢不問ということで、とりあえず来てもらうと、なんとあんこ歴50年の大ベテラン。今まで業務用の餡を使っていたここのどら焼きが、とても美味しくなったと評判になり行列ができることに。

 ここまでの展開はスーパー老人が頑張る系のティピカルなもの。でもですよ、彼女が住んでいる場所が昔のらいの隔離病棟であることが、噂で広まってしまい、それ以降お店は閑古鳥が鳴く状態に。

 悲しいお話です。今ではハンセン病と呼ばれ、昔の隔離政策が間違っていたことがわかっています。謂れの無い差別がどんなに多くの人々を苦しめて来たか、また、苦しめているか、我々は知らなければなりません。

 ぜひ観てください。