【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「三月は深き紅の淵に」(恩田陸)の読みはじめメモ その1

book

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

 ↑この本、ついこの間、急ぎで購入したもの。実はその前に買っておいた本があって、それがコレ↓
麦の海に沈む果実 (講談社文庫)

麦の海に沈む果実 (講談社文庫)

 前回読み終えた「ドミノ」(記事)を買ったときにいっしょに手に入れたもの。ではなぜ、こちらの本を読まなかったかというと...
 なんでも三月シリーズというのが恩田陸にはあって、この麦海はその中の2番目に位置し、お題の本こそがシリーズ最初の本なのです。いわゆる、読む順番が推奨されているシリーズということ。その順番を尊重したワケです。
 入社5年目の主人公が、会長の別宅にて二泊三日で行われる「三月のお茶会」に招待される。人選の理由は「読書が趣味」なこと。お茶会には会長の他、無類の本好きが3人参加していて、この招待客にとある本を探させるという。
 もう、最初から面白い。この主人公がブツブツ良いながら会長の別宅にたどり着く。初めての場所、初めて会う人々。そう、彼にとってすべてが初めてのことだらけ。本を読み慣れていないわたしとしては、こういう設定の方が感情移入しやすい。いきなり延々と主人公周りの解説をはじめられては、それだけで辟易してしまうのだ。
 会長および、他の仲間三人がそのとある本について語り合う。そこも面白い。本好きな人の話を聞くのが好きなのだ、わたしは。そこでひとつ気になる言葉が、「本が好きであまりにもたくさんの本を読みすぎていると、すれるというか、云々」。探したけれど場所が見つからず、適当な記憶でごめんなさい。つまり、わたしみたいに本を読みはじめたばかりのものでも、その人なりの見え方があるということ。そう、今しか楽しめない感覚があると。そう聞かされちゃ〜、ゆっくりと楽しむしかありません。だからその後はいつも以上にゆっくり味わって読みました。急がずに。
 というわけで、まだ80ページほどしか読んでませんが、思い切りハマっております。この感覚は同じ恩田陸の、デビュー作である「六番目の小夜子」(記事)を読んだときと似ています。ワクワク、ドキドキしながら引き込まれてゆく、そんな感じ。今後が楽しみです。

「三月は深き紅の淵に」(恩田陸)の第一章読み終えたメモ その2