【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「地球防衛軍3」もうたまらん!(レポ01)

地球防衛軍 3

地球防衛軍 3

 PDZFPSの世界を知ったわたし。Xbox360用としてはじめてのゲームにもかかわらず、オンラインが楽しくていまだに稼働率No.1っすから。左スティックで移動、右スティックで照準を合わせ、バキュ〜ン、バキュ〜ンと撃つのがイイんだ、コレが。

初代「THE 地球防衛軍」を今更プレイ

 そういえばPS2時代にもそういったゲームがあったような、と引っぱりだしてきたのが「THE 地球防衛軍(初代)」。FPSじゃなくてTPSだけどね。シンプル2000シリーズだから当然のように新品2,000円。ハマるまでには至らなかったものの、ちゃんと難易度INFERNOをオールクリアしてます。「烈火」ミッションがあまりにキツくて、1人クリア挫折。つれあいに手伝ってもらって、エアバイクの上からソルリングXをバカスカ撃ってもらったのも遠い想い出。
 久々にこの初代をプレイ。楽しい、実に楽しい。武器も全部集めちゃってるんで、いろんな武器に切り替えながらHARDあたりで遊ぶのが日課になるほど。武器がイイんですよ、武器が。マシンガンのアサルトに、スナイパーライフル、ショットガン、ミサイル、ロケットランチャー、グレネード、etc。それぞれに特徴があって、弾を撃った感覚もGood!。
 ロケランでひたすらビルを破壊するのも気持ちイイ。遠くのビルだってちゃんと壊れてくれます。ミサイルのルシフェルSなんか、ピュ〜ッと飛んで、4つくらいに別れて、さらに別れて、合計32発のミサイルが標的を攻撃。もうその光景を見てるだけでウットリしちゃう。
 そんな楽しいゲームがXbox360で遊べたら。HDTVの高解像度画面でプレイできたら。そう、それが「地球防衛軍3」なんです。発売日の12/14、もちろんゲットしましたとも。

新しいEDF地球防衛軍=EARTH DEFENSE FORCES)はなにが違う?

 最初に断っておきますが、わたしが知ってるのは初代のみ。2代目があるのは知っていたけれど、ソレには手をつけてません。だからココで書くのは初代と3代目の比較です。
 ちなみにわたしの進捗ですが、HARDはすべてクリアしてます。もう39時間もプレイしてるもんね。耐久力は3882(EASYクリア時で1500くらい)、武器取得数は139、ミッション達成率は68.68%です。

システム

 笑っちゃうくらい同じ。メニュー階層からセーブの仕方までまるでいっしょ。お値段が通常価格になっちゃったから、さすがにメニュー周りくらいいじってくるかな?と思ってたんだけど、いや〜、お見事、お見事。

武器

 リロードできない武器がありましたね〜、プラズマランチャーってヤツ。手投げのグレネードは射撃ボタン(右トリガー)を押し続けると、赤い放物線がビュイ〜ンと伸びてきます。好きな距離で離せばエイヤ!と放る。
 スカイタートルはエアトータスって名前に変わってるけど、あの弾速の遅さは健在。キャラが走るよりちょっと速いだけのミサイルが笑えます(追記:実はキャラの方が少し速い)。役に立たんけど、好き。
 種類も増えてますよ、初代は全部で111種だけですから。いくつあるのか知らないけれど、これからもっと増えるかと思うと楽しみです。

映像・物理エンジンなど

 最初に違いを強く感じたのが屍となった敵の処理。初代はたしか弾が貫通してくれたと思うんだけど(追記:うろ覚えで間違いかも)、Xbox360版ではシカと弾に当たってくれます。もう邪魔。後ろに居る敵に弾が当たらん。でもね、よりリアルになったワケだから文句はいいません。ちゃんと物理計算されてスッ飛んでくれるみたいだし。もちろん少ししたら画面から消えてくれます。
 他にも車や自販機、ビル屋上の看板などが物理っぽい挙動を示してくれます。ただし、1度だけ。転がったヤツを撃っても反応なし(敵の屍は消えるまで反応する)。処理軽減のためなんでしょうか?。
 空飛ぶ円盤の新しいヤツがガンシップ。コイツね、弾当てるとガラ〜ン、ガラ〜ンってブリキみたいな音がする。そんでね、同じガンシップにぶつかるとちゃんと巻き込んでくれるんですよ(たぶん)、凄いでしょ。2代目で登場したらしいハエトリ蜘蛛もイイっすね〜。EASYだとあまり気にならなかった糸なんだけど、HARDESTくらいになるとツラい、ツラい。蜘蛛と酸を吐く黒蟻は早めにやっつけないといけません。
 映像はめっちゃキレイですよ、さすがXbox360。もちろん他のしこたまお金掛けてるゲームと比べちゃアレなんだろうけど、十二分にキレイです。街の雰囲気もよく出てるし、信号や家、自転車なんかもとってもリアル。遠くまでスッキリ見通せるのもイイですよね〜。
 そうそう、歩いていてすんごく邪魔なあのガードレール。前はアサルトで撃てばキレイにぶっ壊れてくれてたけど、今回はひん曲がります。まるで「バレットウィッチ」の街路灯のよう。なんか計算してるのかな?。
 気になる処理落ちですが、残念ながらちゃんとあります。敵キャラがわんさか出たときに必ずなるかと言えば、そうでもない。最初に気づいたのはHARDESTの蜘蛛の糸のとき。画面中糸だらけになるときに明らかに処理落ちしてました。ま、しょうがないですよね、アクションゲームなんだから。

その他

 今回は仲間の隊員がいっしょに戦ってくれます。その彼らがよくしゃべる、喋る。もう笑っちゃいます。うぉ〜!って声を上げて突入したり、兄弟!とか言ってたり。EDFEDFの連呼は凄かったな〜。
 役に立つかというと、コレがけっこうガンバってくれる。ダメなときはダメだけど。ちなみに主人公キャラが撃った弾にも当たり判定があるんで、ミサイルなどの爆発系でいっぱい死んでもらってます。ワザとじゃないですよ、ワザとじゃ。

というわけで

 もう、目一杯ハマってますよ。とにかく楽しい。脳汁吹き出すってこのことだよね。2代目の方がいろいろ工夫されてた(キャラとか?)みたいだけれど、初代のリメイクっぽいシンプルなデキでも十分に楽しめます。次作が出るなら新しい要素を入れて欲しいっすね。
 今、HARDESTクリアが21個。そのうちINFERNOクリアが2つ。INFERNOは某巨大掲示板で仕入れた情報のおかげ。「赤色」ミッションは火炎放射器α、「帰路」ミッションはZE-GUN10のみ。ホントにクリアできちゃうところが笑えます。
 さて、HARDESTクリア目指してガンバるゾッ!と。

次レポ