【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「ビヨンド the シー 〜夢見るように歌えば〜」を観る

movie

 WOWOW録画。ケヴィン・スペイシーが自ら製作・監督・脚本・主演をこなした入魂の一作という解説を読んで。むか〜しの伝説的な歌手を演じてるってことで内容的にはあんまり興味なかったんだけど、なんたってあのケヴィンですからね、いちおう観ておかないと。
 だからといって大どんでん返しを期待するような映画でないことは分かっていましたよ。観はじめて思ったこと、なんて歌が上手いんでしょ。踊りもバッチシ。アチラの役者さんってホントに凄いよね、やることが半端じゃない。日本にこれだけの役をこなせる人がいるだろうか...
 しばらくしたらなにやら聴いたことがある曲が。そう、「マック・ザ・ナイフ」ですよ。洋楽音痴の私でもさすがにこの曲は知ってます。しかも、以前BS2で全米ヒットチャートなんたらって4時間ぶっ通しで放送していた番組、当然ウチの大事なビデオライブラリーとして保存してあるんですが、その中にちゃ〜んと入ってます、この曲。
 映画をとめて聴いてみる。お〜、ちゃんとボビー・ダーリンが歌ってますよ(当たり前)。一見したところケヴィンよりもシャープな印象のボビー。マネするにはイメージが違いすぎるかな〜と思っていたんですが、不思議なことにだんだんケヴィンに似てきたんです、逆だけどね。フトした表情がケヴィンの顔してる。ここで納得、ケヴィンがボビーを演じたかった理由のひとつ、それもかなり大きな要因となっているであろうモチベーションを発見してしまいました。と勝手に思う。勝手に。
 とにかくケヴィンの歌と踊りを楽しみました。ラストの子ども時代のボビーと一緒に歌い踊るシーンはとってもよかったですよ。楽しいと思う人は限定される気がするけど、わたしはこの映画、お勧めしときます。
 そうそう、ボビー・ダーリンといえばフランク・シナトラが引き合いに出されますが、その娘であるナンシー・シナトラの「にくい貴方」(THESE BOOTS ARE MADE FOR WALKIN')がTVCMで流れてますね。そんなことに気付くのもあのビデオライブラリーのおかげ。すごいんだ、この曲のビデオ映像が(^^;)