【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「ニューオーリンズ・トライアル」を観る

movie

 2発目は「ニューオーリンズ・トライアル」。コチラもWOWOW録画。かな〜り前に録ったヤツ。Yooさんの(期待しないで)お勧め作品です。やっと観ましたよ、半年ものあいだ、あっためてました(^^;)
 久々の超豪華出演陣。ダスティン・ホフマンジーン・ハックマンだけでいっぱいいっぱいなのに、ジョン・キューザックレイチェル・ワイズまで出てる。凄すぎ。
 最初の方、わけわからなかったですよ。陪審員コンサルタントっていったいなにさ?って感じで。そのへんの仕組みが見えてきたところで、ようやくコチラも本腰入れて鑑賞。しかし最初のシーン、すっかり飛んでました。そこだけ観て風呂休憩に入っちゃったものだから、頭の中ではまったくの別扱い。終盤になってやっとこさ気づく、そっか、あの人の裁判やってたのね(^^;)
 かなり面白かったですよ、十分楽しめました。でもさ、いまひとつ煮え切らないのがダスティン・ホフマンの役。インパクトないキャラ設定なんですよ、でも、ダスティンが演じてるから何かを期待しちゃう。
 ジーン・ハックマンはまさにハマり役。もうこういう役やらせたら右に出るものなし!ってくらい。てのはちょっと言い過ぎかな。ハマり過ぎてて少し飽きてきたっぽくもなきにしもあらず、だけれど、コレはコレで楽しませてくれる。
 そしてジョン・キューザック。一番おいしい役だよね、ホント。そのおいしい役にハマっちゃうのがジョンの魅力だなぁ〜。イイ役者さんです。レイチェルは途中まで影薄いけど、ラストではジョンと並んでバシッと存在感出してくれた。イイ表情してたですよ、二人とも。
 という具合に他の3人が名に見合うキャラを演じているんだけど、ダスティンだけがちょっとモノ足らない。偏ってるけど「真夜中のカウボーイ」「わらの犬」「パピヨン」「マラソンマン」「レインマン」「靴をなくした天使」のような名演技が観てみたかった←と無意識に期待しちゃう役者さんだから。最近は「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」や「ネバーランド」のちょい役しか観てないから余計にそう感じたのかも。
 というわけで、わたしの勝手な期待を除けば十二分に楽しめる映画です。お勧めですよ。