【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「8mm」を観る

asin:B0009J8EKU:image
 これも少し前に観た映画。WOWOWデジタルのHDTV放送。やっと見つけた公式サイトだけど、なんか見づらいね。脚本が「セブン」のアンドリュー・ケビン・ウォーカーだそうです。1999年作品。
 内容はかなりオゾマしいモノですね。スナッフといわれる本物の殺人シーンをカメラにおさめたフィルムのおハナシ。探偵役のニコラス・ケイジに大金持ちのおばあさんから依頼が。亡くなった主人の遺品を整理していて発見された8mmフィルム。それがなんとスナッフ・フィルムだったわけです。
 彼女はそのフィルムは本物なのか?、フィルムの中で無惨にも殺された少女が無事かどうか?の調査をニコラスに依頼します。モノがモノですからね〜、ニコラスが探る先すべてが怪しい雰囲気ビンビンの危ないところばかり。「セブン」の脚本家の作品と後で知って、納得、納得。
 内容が内容だけに、いや〜面白かったとも言えないんだけど、デキの方はまあまあ。「セブン」インパクトには負けるけどね。作り手の問題もあるんだろうけど、わたしの場合ニコラス・ケイジが役に合わなかったのでは?と思うしだい。個人的なイメージなんだけど、ここ数年のニコラス映画を見てて思うのは、この人、カッコ良くて強い役じゃない方が似合うんじゃないかって。「フェイス・オフ」のときはめっちゃカッコ良かったけどね。なにかが変わったのかな?。
 というわけで、内容が内容だけに、かつ、デキもすばらしくイイ!ってわけじゃないので、「お勧めします」とは書きません。かといって駄作ってわけでもないんで、扱ってるテーマを十分承知の上で観たいと思ってる人限定で「お勧め」します。なんか、苦しいな。