【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「交渉人真下正義」のメモ

 このあいだの地上アナログ放送を録画。正直言って日本のアクション刑事モノってロクなのがない。だからあまり観る気なかったんだけど、つれあいが観たいというのでしかたなく。
 なによアレ。あんなもの部外者が地下鉄に入れられるの?、と思っていたらもともとから存在してた実験車体だとか。それにしても、数珠つなぎ状態の路線に割り込み、マニュアル運転なんかできるのかい?と、早くもわたしは呆れ顔。設定からしてリアルな気がしない。
 そしてラスト。あ〜まただよ、またもや曖昧終了だよ!と、「デスペレーション」に続く不快さ2連発で怒り心頭。久々に映画観たんだけど、あまりの運のなさを呪いたい気持ち。
 な〜んて不満を先に書いたけど、けっこう楽しめましたよ。だからこそあのラストは許せないね。根本的なところで勘違いしてるから、続編なんかに期待できません。本家の作品も楽しめたのは初期のヤツだけだったから。