【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「変身」(カフカ)のメモ

book

変身 (新潮文庫)

変身 (新潮文庫)

 とても奇妙な小説。最初に読んだのは恐らく30年位前かもしれない。働き盛りの若い男性。朝起きると自分の姿が、が、が…
何に変身したのか?
 一番の問題はココです。わたしの曖昧な記憶によると、芋虫説が世間では一般的なのかなと。しかしわたしはこの説に納得できなかった。なんせ冒頭の表現で「毒虫」って書いてますからね。毛虫ならともかく、芋虫のことを毒虫って言いませんて。
百足?
 ひどく違った動きをするたくさんの小さな脚、甲殻のように固い背中、何本もの弓形のすじにわかれてこんもりと盛り上がっている自分の茶色の腹、これら表現を見ると、先ほどの毒虫と相まって、わたしには百足にしか思えなかった。それが最初に読んだときの印象。
 しかしその印象も、読み続けるに従って曖昧になってしまう。その気持ちの悪い中途半端さを払拭するために、今回、再び読んだ次第。
また同じ結果に
 もう結論を書いてしまいましたが、今回改めて読み終えた結果も、初回のときと同じように曖昧なものとなりました。
 最初の印象は明らかに百足。しかしその動き方、投げつけられたリンゴが刺さってしまうほどの柔らかさ、などからは芋虫しか思いつかない。しかし芋虫に、情けないくらいかぼそいたくさんの足、はないのである。あ〜、なんたる矛盾。
答えはない?
 恐らくカフカ自身が、あまりこの手の虫に詳しくなく、適当に書いたんじゃなかろうか?、ってのが今のわたしの答えです。
 いや、如何にも専門家っぽく、変身後の体の描写を楽しんでいるのが、この小説のお気に入りの点なのに、なんとも情けない解答です。
 どなたか、ズバッとスッキリと、確たる解答を教えてくれませんか?。この男は何に変身したのかを