【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「麦の海に沈む果実」(恩田陸)の半分ちょい(9章)まで読み終えたメモ その1

麦の海に沈む果実 (講談社文庫)

麦の海に沈む果実 (講談社文庫)

 シリーズ物とされる前作「三月は深き紅の淵に」を読み終えたメモ6記事)から4ヶ月以上の月日が流れました。
 そこにも書いたとおり、しばし本が読めない状態に。がしかし、ココにきてなんらかの呪いが解けたのか、ザクザク(あくまでも自分のペース的に)と読みはじめ、気がつくと半分以上を読み終えておりました。
 では、気になった点など。

しばらくは面白くない

 恩田先生、ごめんなさい。正直、序盤からしばらくのあいだ、なかなかページが進みませんでした。特殊な学校の描写、ファミリーと呼ばれる学友たち、あやしげな校長先生。それらが主人公である理瀬の目を通して描かれる。
 理瀬という女の子は嫌いじゃない。繊細な美少女。そんな異性の目を通して描かれる作品として「蒲公英草子」(記事)が思い出されます。とても好きな作品。でも、でもさ、コチラはなぜか退屈だったのですよ。

やっと面白くなる ダンスパーティー

 その退屈さから空気が変わった瞬間が、ヨハンの冷静さに気づいたとき。そう、ダンスパーティーの日です。そりゃ、校長が言い出しっぺの降霊会には驚きましたよ。空気が変わるくらいね。ただ、あまりにも突飛、ワケワカメ、雰囲気台無し感が強過ぎて、こりゃ強烈な布石、なんかの布石、あとでちゃ〜んと論理的に説明される出来事、だと自分に言い聞かせました。
 それよりも、あのヨハンがいきなり「キリリッ!」と冷静な顔を見せるところ、個人的に「キタァ〜!」と思いましたよ。

というわけで

 で、麗子。え?、まさかの校長の...。でもね、アレ、麗子だって誰も確認してないよね。なんて思っていたら、麻理衣が...。もう、なにもかもが信じられんよ。先が楽しみ(笑


「麦の海に沈む果実」(恩田陸)を読み終えたメモ その2