【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「七つの贈り物」のメモ

movie

 ご無沙汰しておりますm(__)m。久々に作品をレンタルしましたのでその感想をば。ご存知のようにウィル・スミスです。いや、わたしはウィル・スミスってのは知ってましたが、内容的にはまるで知らず状態でした。そんなこんなで鑑賞開始。
 う〜ん、意味が分からん。それがこの作品を観はじめてしばらくしての正直な感想。主人公であるベン(ティムが正しいんだよね?)の行動が理解できない。途中で職業(とりあえず)が明らかになるのだけれど、だから〜?って感じ。あきらかに何かをしようとしている感触は得られているのだけれども、そこんところがずっと謎のまま。
 ツクリ自体がイイので、謎のままでもイヤになったり、眠くなるようなことはありませんでした。ヒントはチラチラと見せてくれているので、もし気に入ったのならば2度観した方がスッキリするかも。もし、気に入ったのならば、ね。
 というのも、重いんですよ、テーマが。彼の選んだ道がどうのこうのって論議する気力も湧かない。もちろん、批難するつもりもないし、かといって、それが正しいとも言えません。やりとげた彼はエラいと思う。ただ、それが正義なんだよとは思いたくない。そんな感じ。どちらにせよ、あんなことはわたしにはできやしない、という隔たり感がありすぎる。
 いやいや、久々に感想を書くと文章がメチャクチャですね〜(以前からだよ)。というわけで、テーマとしてはすご〜く重いんですが、作品としてはよ〜くデキてますんで、まだ未見の人はぜひ観てくださいとお勧めしておきます。