【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「アポカリプト」のメモ

アポカリプト [DVD]

アポカリプト [DVD]

 WOWOW録画。知っていたのは監督があのメル・ギブソンってこと。前作でキリストの映画をつくってとある方面から非難ゴーゴーだったとか???。残念ながら「パッション」は未見。先にコチラを観ることに。
 ジャングル。なんとな〜く南米っぽいなと勝手に思う。どっかの部族の家族?。言葉はたしかこの映画のためにつくったとか。狩りの獲物を分け合っているところに他の部族が通りかかる。村を襲われたそうな。不吉なものを感じつつ自分の村へ帰る。その不安は的中し、村は何者かに奇襲される。
 不思議なのは大人の男女を殺さずに捕虜として連れて行くところ。想像だけだけど、こんな感じの部落間の抗争って、皆殺しにするんじゃなかろうか?、ってのが疑問として湧いてくる。まさか奴隷でもあるまいに...
 でですよ、結果的に奴隷的でもあり、生け贄でもあり。そんな状況の中、主人公の男が一人ひたすら逃げる。逃げる意味はあるんだけれど、いったいこの映画の主題は何なんだろうと思っちゃうわけですよ。そこがまるでわからない。
 そしてオーラスのオチ。はは〜ん、そういうことなのね、と。村を襲って皆殺しにしなかった意味がココでつながるんですな。でも、それほどしっくりこない気がするのはわたしだけ?。
 ツクリはしっかりしてますんで、ついつい最後まで観てしまったんだけれども、常に疑問符が頭を離れない作品でした。