【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「道草」(夏目漱石)を読み終えた簡易メモ

道草 (新潮文庫)

道草 (新潮文庫)

 だいぶ前に読んで記憶薄れ気味。一応忘備録としてメモします。恩田陸シリーズに飽きたというわけでもないですが、青空文庫で無料で読めるということで(ボランティアの方々に感謝)、とりあえず夏目漱石から選び出す。
 「吾輩は猫である」は学生時代と、数年前に読みましたが、とにかく文章が難しいという印象。文章というか、言葉、ワード自体が難しいのかな、わからないところを調べながら読んでいると、ぜんぜん前に進まない、それくらい読むのに苦労しました。
 おそるおそる「道草」を読み始めたものの、比較的楽に読める。なにやら三十路すぎの夫婦の旦那の方のお話。幼少の頃いろいろあって、なぜかお金の無心に来る人がチラホラ。この辺の人間関係はイマイチ把握できてません。ともあれ、すんなりと読破。印象もむか〜しのドラマを見ている様。
 そうそう、主人公の旦那さんは「吾輩は猫である」の飼い主のキャラとダブります。つまりは漱石自身のキャラなんでしょうか?。奥さんとのやりとり、心の襞の伝わらなさが泣けます。ということで、おわり。

追記:2014.11.18の「「図書館の海」(恩田陸)を読み終えたメモ その2」の記事に当記事を被せて保存してしまいました(泣。もう復活する気力も記憶もありません。悲しい...