【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「朝日のようにさわやかに」(恩田陸)を読み終えたメモ

book

朝日のようにさわやかに (新潮文庫)

朝日のようにさわやかに (新潮文庫)

 前記事である「「麦の海に沈む果実」(恩田陸)を読み終えたメモ その2」から2ヶ月以上経ってしまいました。なぜこんなに時間がかかってしまったかと言うと、あまり興味をそそられる内容では無かったという点と、投資信託のお勉強をしていたから(老後のためか)。
 さっそくですが、
麦の海に沈む果実 (講談社文庫)

麦の海に沈む果実 (講談社文庫)

のストーリーの番外編である一話目の「水晶の夜、翡翠の朝」は面白かったです。というか、怖かったよ、ヨハン!。後日談になるのかな?、ヨハンの闇の部分を暴き出しております。それなりの相手を迎えて。
 で、三話目の「あなたと夜と音楽と」がマズかった。わたしに合わない(相性問題)。音楽を紹介するラジオ番組。その番組を聴いているかのように進むストーリー。これでチト、躓(つまず)きました。
 その次の「冷凍みかん」はまだいいのですが、どうも恩田陸って人は、ショートショートでもオチをつける気がないらしい。これはツラい。
 「楽園を追われて」のように、いかにも恩田陸らしくて筆がノっている雰囲気の作品はいい、許せる(エラそうに)。がしかし、ホラーっぽくて興味を魅かれた「深夜の食欲」や「卒業」なんて、あの放ったらかしのエンディング、興味を魅かれた分だけショックがデカいよ(わたしが放り投げられただけ?)。
 というわけで、恩田陸の短編には気をつけろ!、という教訓を得たわたしでした(笑。
 さて、これで三月シリーズは「三月は深き紅の淵を」(記事)、「麦の海に沈む果実」(記事)、「朝日のようにさわやかに(水晶の夜、翡翠の朝)」ときて、今わたしの手元には以前に購入しておいた「図書館の海(睡蓮)」があります。また、短編です。困った、こまったw。


「図書館の海」(恩田陸)短編4つまで読み終えたメモ その1 につづく