【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「六番目の小夜子」(恩田陸)読み終えたメモ その3

六番目の小夜子 (新潮文庫)

六番目の小夜子 (新潮文庫)

 半分読んだ前記事。そして、とうとう読み終えてしまいました、六番目の小夜子。この手の謎が謎を呼ぶみたいなミステリーものって、どうにもわたしの頭が追いつかないせいか、読み終えた後も整理しきれてない思いに悶々としてしまう。当然、このサヨコもそう。そんな状態で申し訳ないのですが、ヘボな感想を書いてみます。
 ちなみに、未読の方を無視してガンガンネタバレいきますんで、よろしく!。

頭の中を整理したい

 最後のなって津村紗世子の動機が語られました。ふむふむ、呼ばれたんですね、手紙で。出したのは、そう、黒川しか思いつきません。がしかし、どうやって彼女の父親がコチラに転勤になったことを知ったのか?。なんで二番目のサヨコと同姓同名の、高校2年の頭の良い娘が居たことまで?。
 ましてや、その彼女がわざわざハナシに乗って転校してくる確率たるや…。そりゃ、外から眺めていて、ちょっと弄ってやるのが黒川の趣味だから、そんなカスカスの確率にかけちゃうのもわかる気がするけれど、例え100人の高2の頭の良い津村紗世子が居たとしても、おそらく100人が100人ともこんなハナシ、無視すると思うんですが。まっ、いいか。
 いちおう、いちおう確認。舞台劇である六番目の小夜子」の脚本を書いて送ってきたのは、黒川でいいんですよね?。ワープロが証拠ということで。加藤であるわけがないし。

黒川って

 こうして書いてみると、ほぼ黒川の独り舞台。いちおう、彼の考えは秋を前にして語られておりましたが、どうにも動機が理解できない。
 そもそもサヨコというイベントが、3年に一度の合格率を占うものであるのならば、黒川が仕掛けている意味がわからんと、本編でも何度か書かれてますよね。それってどゆこと?。

そもそも?

 どうにも春の章、初っ端の描写が気になる。「彼ら」とは?。複数形だから「学校」のことじゃない?。まさか桜の木?。否、生徒が集まるから学校のことを彼らと呼んでいる?。う〜ん、わからん。

というわけで

 わからん、わからん、だけの感想ですいません。読んでいてけっこうドキドキ、ワクワクしましたよ、この作品。一番気になっていた津村紗世子の謎は語られたのですが、その奥にある本当の謎、彼らの意思だけは読み終えてもわかりませんでした。
 もしや、黒川がその代弁をしていた!?、とも考えたくもなりますが、あまりに抽象的というか、曖昧な動機でしかありません。あ〜、これ以上書くとわたしのアホさ加減に嫌気がさしますので、このへんで。