【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「三四郎」(夏目漱石)のメモだけ

 iPhone青空文庫アプリで読んだ作品の忘備録。さて三四郎ですが、わたしゃてっきり柔道のアレかと勝手に思っていたのですが、いくら読んでも読み進めても、柔道の柔の字もでてこやしない。はは〜ん、こりゃ違う作品なんだなと気付いたのはかなり後。
 で、内容なんですが、田舎から上京した学生が東京での生活に戸惑う様子や、後半に入ると、とある女性の描写がやたら多くなって、その割には好いた張った(ってこう書くの?)的な方向には決して行かないモドカシさ。最終的にはアレヨアレヨという感じで流されるように終わってしまいました。
 結論(自分的ね)。漱石さんがなにを書きたかったのかがよ〜くわかりません。わからなくてもいっこうにかまわないんですよ、人物描写とか、生活感とか、雰囲気が面白ければ。でもね、そうでもないんですね〜、自分的に。とうわけで、イマヒトツな感想になってしまいました。ちゃん、ちゃん。