【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「GONIN」のメモ

GONIN [DVD]

GONIN [DVD]

 ゴールデンウィークも今日で終わり。そんな夕べ深夜、WOWOW生で鑑賞したのがこの映画。1995年と古いながらも、出演陣の豪華さと男臭さに惹かれて鑑賞。
 まずは佐藤浩市。お〜スリム。ディスコの経営者でやくざから大量の借金があるみたい。お次ぎはまさに触れると切れるナイフのような危うさの本木雅弘。映画「送り人」でいまや時の人だけれども、この作品でもかなりの熱演が見られます。
 そして竹中直人。ま、どっちかというとどうでもいいんだけれども、危ないおじさんを好演?。んで、根津仁八。元刑事がぼったくりバーの用心棒やっているという設定。そういえば、最近まるで見ないね、彼。最後に椎名桔平。パンチドランカーの役で、ほ〜、こういう役がハマるのかと彼のことをあまり知らない私は、妙に納得。
 彼らがやくざの資金を強奪しようとする5人組。そう、お題のGONIN。そしてやくざ側が組長に永島正敏。若頭に鶴見辰吾。二人とも見事なやくざっぷりを見せてくれます。そして後半に入ってようやく登場するのが殺し屋のビートたけし。まさにハマり役。どうです、男臭い映画でしょ?。
 そんな感じでこわ〜い世界にドップリハマれる2時間弱。男気溢れるアクション映画が好きな人にはたまらない作品となるでしょう。そうそう、終わりのテロップ見ていたら意外な名前が。根津仁八扮する刑事役が後半に家族と会うんだけれど、そのときの娘を演じている少女があの栗山千明。ぜったいわかりません。