【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「象の背中」のメモ

象の背中 スタンダード・エディション [DVD]

象の背中 スタンダード・エディション [DVD]

 WOWOW録画。だいぶ前に観た作品、記憶のあるうちに。役所広司シリーズ(「アルゼンチンババア」など)として放送されていたもののひとつだったと思う。
 よ〜くあるハナシ。おそらく作品的にも現実的にも。肺がんを患った働き盛りの男。会社でも部長として活躍中で、家族にも恵まれ、豪勢な一軒家を構える、いわゆる(超こそ付かないが)エリートと呼ばれる人種。
 で、彼は抗がん剤などの治療を拒否。やっても直る見込みがないワケで、その選択もわかる気がする。余命は約半年。働ける間はそのまま働き、終盤は痛みを抑えるためホスピスへ。そして...
 辛いよね、自分がそんな立場になってしまったら。がんが身体を蝕んでいく苦しみたるや、想像を絶すると思う。もちろん映画としてその全てを表現できるわけではないけれど、役所がそれなりに体重を落としたようで、終末感こそなかったものの、悲壮感は伝わっております。
 ネタとしては最初に書いたとおりよくあるものだと思う。目新しさはほとんどなし。気になる人に会うのもしかり、実は愛人がいたというのもしかり。だからといってツマらないかというと、そうでもない。役者さんとか作り方も当然あるんだけれども、やはり誰もが現実の問題として、いつしか対峙しなければいけないテーマだからだと思う。
 というわけで、覚悟の予行演習として観ておく意味はあると思います。