【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「ディスタービア」のメモ

ディスタービア [DVD]

ディスタービア [DVD]

 つれあいが借りてきたレンタルDVD。もちろん知らない映画。お題の英語、なんとなく聞いたことあるような単語なんだけど、意味がわからん。それもそのハズ、「〜disturb と suburbia を組み合わせたもの〜」だそうだ。邪魔する、と、郊外、って意味とのこと。
 冒頭にリアルな交通事故シーンあり。そこで大事な父親を失う息子。しかし、コレほど強烈に印象づけておきながら、この事故は映画の本筋とはほとんど関係がない。おかしいよね、なんか。
 作品の分類的には「怪しいお隣さん」モノで、目新しい点と言えば、暴力事件で主人公が警察から自宅謹慎を監視されているという点のみ。面白い装置があって、主人公が自宅から離れると警察に自動的に通報される仕組み。コレも少しだけ本筋にかかわってくるときもあるんだけれど、あくまでもおまけレベル。あくまでも。
 近所に越してきた美女はお決まり。アホな友だちもお決まり。けっきょくは怪しいお隣さんが...、ってことなだけ。な〜んだけれども、全体的にみると、イイ具合に各要素が面白味を出しているんだよね。副菜が主菜を上手に盛り上げているような感じ。
 で、デヴィッド・モースですよ。遠目のシーンばかりだった序盤は気付かなかったのですが、突如訪ねてきてやっとそのデカい身体に甘いマスクを認識。当然思っちゃうワケ、彼がチョメチョメなのかって。
 というわけで、最初の事故シーンのデキがあまりに良かったので、ソレが活かされていないことが残念なわたしですが、作品としてはそれなりに楽しめました。楽しめたからイイや、って気分です(いい意味で)。