【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「ナンバー23」のメモだけ

movie

 つれあいが借りてきたレンタルDVD。なんでも他のレンタルDVDの予告編で見て面白そうだったってことで。チョコっと観て思い出す。そうそう、ジム・キャリーのヤツね。
 わたし、正直に言って、ジム・キャリー苦手です。見た目はカッコイイと思うのですが、あのアクの強さがどうにもこうにもイカンのです。彼がもしシリアスな役をやればナンボかマシなんだろうに、と思わないことも無い。そんな感じ。
 で、この作品。なんかシリアスっぽいんですよ、彼の役。というわけで、それなりに期待して観たのですが、やっぱダメでした。身振り手振りのハシハシに、ジム・キャリー臭さが漂っておりました。う〜ん、もうチョイだったのにね〜。
 でで、内容の方もですね、途中からワケワカランというか、興味を失いまして。正直、23なんて数字、どうでもいいジャン!的に。いちおうラストにどんでん返しっぽい展開がありまして、な〜るほどねとなったんですが、全体的には...。
 イイ男だとは思うんですけどね、ジム・キャリー。ホントにホントにシリアスな役をやらせてあげて、ソレを観てみたいところです。