【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「SIREN2」NORMALモード 13時間(レポ02)

game

SIREN2 PlayStation 2 the Best

SIREN2 PlayStation 2 the Best

やっぱ親切

 なかなかなデキですよ、「SIREN2」。システムとしては前作でしっかり出来上がっておりまして、今作ではよりプレイヤーにやさしい改良が施されております。それは前レポでも書いたとおり。
 特に有り難いのが、終了条件1と2の明記。シナリオ選択の時点でどっちをやるか選べるんですよ。前作では「いろんなことを漏れなくやると、なんかイイ感じ」みたいな、あやふやな印象だった終了条件2ですが、今回は目的としてそれ自体が選べるし、さらに目標として文字で確認できます。小目標の表示と合わせ技で、もう、メッチャ親切。

和風サイレントヒル

 すっかり忘れておりましたが、このゲームのディレクターってあの「サイレントヒル」を作った人なんですよね。外国の町並みでは感じられなかった染みるような恐怖が、この「SIREN」シリーズではしっかり感じ取ることができます。「零」ほど極端な佇まいではなくとも、普通の日本家屋ってだけで、やはり和風は恐いんです。
 登場人物どうしのシナリオが複雑に絡み合うという、新しい要素を加えつつ、ゲームとしてキチンと完成させた技術はたいしたモノだと思う。ただ〜し、ホラーゲームという観点から言わせてもらえれば、恐い恐いと書いておきながら、ホントはまだ1歩足りてない、そんな感じ。その理由はゾンビ(じゃないらしいけど)のせい。やっぱホントに恐いのはゾンビより、幽霊だもんね〜。
 でもね、「サイレントヒル」ゆずりのクリーチャーの中には秀逸なのがおりました。船の機関室あたりに出没した顔が人間の鳥さん。たしか「ともえ鳥」とか言ってたような。ありゃ恐かったですよ。追っかけぶりも見事。わたしゃ半泣きで逃げ回りましたとも(T^T)

進捗

 どうやって進捗を表現したら良いやら...。プレイ時間は13時間を超えました(放置時間多し)。すんなり次シナリオが表示されていた状態から、とうとうフン詰まりに陥りまして、リンク・ナビゲイターで必須条件のチェックなんぞしながら進めはじめたところ。
 最後の方にやって記憶に残ってるのが、ピエール瀧(三沢)が団地の中で銃撃戦するヤツ。ガスボンベで102号の部屋を爆破する、アレ。正直、しんどいです。マシンガンを持った敵がウヨウヨいますんで、落ち着いて調査行動がとれません。しかたなしにカンニング。ふ〜、ありゃ絶対自力じゃデキませんよ、ハイ。

親切だけど、難しい

 システム的には前作より親切になっておりますが、ヘタレなわたしにはまだまだ難易度が高い、そんな気がしております。
 基本的に謎解きっぽい感じで進めて行くアドベンチャーゲームだとは思うんですが、とにかく強い敵が身の回りにたくさんいて、あっちゃこっちゃ調べてまわることがデキません。何度も何度も死にながら、1歩ずつ解法を模索するゲーム、そんな感じ。
 だからシナリオ2、3本やると、疲れちゃうんですよ。気持ちがもたない。それなのに、1日経つとまたやりたくなる。視界ジャックしつつ、慎重に、冷静に、行動したくなるわたしが居る。でも実際にやってみると、フルボッコの洗礼でソレどころじゃない。う〜ん、もう1段階、難易度を落としてくれると、神ゲーになれるんじゃあるまいか(for me)。

ゲームレポ一覧