【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「ネプチューン」のメモ

movie

ネプチューン [DVD]

ネプチューン [DVD]

 ツタヤディスカス。そこそこの評価だったから。イギリス映画。38年前に消息を絶った潜水艦スコーピオン号が突如姿を現す。港に曳航し内部を見ると、まるで現役艦のよう。もちろん乗組員など居やしない。この謎を解明するために、この艦の唯一の生存者とともに、最期の航海と同じ運航を。
 最初に出たアルバトロスの文字。コレを見て「うひゃ〜、やっちゃったかも?」と思うのはホラー好きな人。この配給会社の映画って、思いっきりB級モノばかりなんだよね〜。
 感想。意外と言っちゃなんだけど、思いのほか落ち着いたツクリ。航海の途中からおかしなことが起き始めるんだけれど、しっかり序盤から引き込まれておりましたよ。テンポもちょうどイイ感じだし。
 というわけで、「アルバトロス」にしちゃ〜ね、ってことで、なにやら良作を発掘した気分になれる作品です。良作といっても、注釈なしって意味では決してないことはご承知くださいませ。
 しかし「ネプチューン」って邦題、どっから出てきたんでしょ?。ハナシの中に出てきてましたっけ?、そんな言葉。潜水艦はスコーピオンだし、原題はGhostBoat(だったかな?)だし。やっぱアルバトロスやね、うん。