【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「ドッグソルジャー」のメモ

movie

ドッグ・ソルジャー デラックス版 [DVD]

ドッグ・ソルジャー デラックス版 [DVD]

 ツタヤディスカス。レビューの評価が高かったので。借りてみて納得しました。なんていうのかな〜、どうしようもない作品とそれなりに観れる作品との境界っていうのが、それとなく認識できるようなデキ。つまり、悪くない作品。登場する謎の野獣がですよ、CGを敢えて使用してないことがリアルさに繋がってるってワケでもなく、アクションシーンが壮絶ってワケでもなくて、人間ドラマ的な部分がそれなりに描けているんだよね〜。
 ツマらん作品を観たときによく、脚本がなっとらん!、なんて書いてたんだけど、やはり監督の裁量であることがよ〜くわかりました。特典の未公開シーンをチラッと覗いてみたんですよ。すると監督の音声解説が入っていて、どうしてこのシーンをカットしたか説明している。せっかく撮影したのにズバッとカットしちゃう、この特権は監督にしかないもの。もちろん、下地となる脚本の善し悪しも影響しないワケないけれど、ダメ脚本でも監督の力量でどうにでも弄れるじゃない、って。
 素人の当てずっぽうだからいい加減なハナシだけれども、これからはですね、細かいところについてはぜ〜んぶ監督のせいにしたいと思います。
 で、この作品。軍隊の演習中にとある部隊が何者かによって襲われた特殊部隊の1団を発見。生き残りはリーダーの男一人だけ。どうやら敵軍に襲われたワケでも、てか、人に攻撃を受けたワケですらなさそう。犯人は謎の野獣。1軒屋に立て篭り、朝までのサバイバル戦がはじまる。謎の野獣の正体は?、兵士は生き残れるのか?。てな感じで、設定やら展開なんぞに新鮮なものはなし。
 カメラワークがいい感じってワケじゃないし、お金だってかかってなさそう。役者さんなんか知らない人だらけだし。それでも最後まで飽きずに観てられたのは、ドラマとしての組み立てがそれなりにデキていたから、だと思う。アクション系のホラー映画、それも低予算の作品としては珍しい部類じゃないでしょうか。そういう意味で印象に残るかも。
 というわけで、特に強くお勧めはしませんが、レンタル屋のホラー映画の棚の前で、「な〜んか借りたくなるようなモノがないな〜」なんてときに、どうぞ。