【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「砂と霧の家」を観る

砂と霧の家 特別版 [DVD]

砂と霧の家 特別版 [DVD]

 WOWOW録画。録った理由は、覚えておらず。いや〜、まいった。まいりましたよ。わたしの心はズタズタです。運悪く、心情的にあまり調子のイイ状態じゃないときに観てしまったことが、さらに追い討ちをかけました。普段の心持ちだったら、どこまで許せたんだろうか、はぁ〜〜〜。
 少し心を落ち着けて、役者さんから。ベン・キングスレー、いつものように堂々たる演技振り。堂々たるったって、堂々たる役でもないんだけど、イイ演技しています、してると思います。で、ジェニファー・コネリー。演技的には、イイんじゃないでしょうか。文句はありません。はぁ〜〜〜〜。
 映画としてのデキもイイと思いますよ。途中で、おいおい!って冷めちゃうこともなく、最後までしっかり引っ張られてしまいました。でもね〜、でもさ〜、なんなんだろうね、この悶々とした気持ちは。救いようがない、そんなストーリー。
 さらに過激に書きましょか。もうね、アメリカ人が嫌いになりますよ(過激に書いてるんです、過激に)。自分のだらしなさから家が競売にかけられたくせに、あの執着心。そんだけ思い入れがある家なら、もっと大事にしろって。あの荒れ果てた生活振りを見せられたら、だれもあなたに同情しませんて。
 ところがところが、どっかのオス犬が臭いを嗅ぎ付けて尻尾振って付きまとうワケさ。もう、魂胆ミエミエ。思ったね、何度かのデートを重ねたって、相手のことなどな〜んもわからんもんだって。男の方は女のだらしなさが見えていない。それなのに家族を捨ててくるなんて。キッカケになった?。そんなもんキッカケにされたら家族がたまらんでしょうに(なにがあったか知らないけれど)。
 と、そこまで男を叩く理由がちゃんとある。権力を使った横暴さ。コイツらは自分(女を手に入れたい自分)のためなら、当たり前のことのようになんでもするんだなって。なんと身勝手なイキモノなんざましょ。
 その被害者である移民の一家。秘密警察?、亡命?、祖国に帰ると殺される?、家の転売で生計を立ててる?、てな具合の謎をかかえてるんで、100%の肩入れはできないけれど、しごくまっとうに暮らしている彼ら。日雇い労働や雑貨屋のレジでコツコツ稼ぐ旦那。アッパレじゃありませんか。
 そんな一家に土足で踏み込んで、あげくの果てに...。なんだろね、このストーリー。ホントに救いようがないよ。唯一の救いは移民一家の奥さんと、家を競売にかけられた女の気持ちが通えたことくらいかな。ガソリン買って行ったときは、一瞬、一家惨殺して放火するつもりなんじゃないかって不安になったけど、そうじゃなくてよかった、よかった。
 少し落ち着かなきゃ。Amazonのレビューの中に「この上なく悲しいけれど、なぜか優しい気持ちになれる映画です」ってのがあります。エラいな〜、このレビュー書いた人。オノレの自我をゴリ押しするだけじゃダメなんだね、どんな相手でも理解し合おうという気持ちがないと。映画を観たときのわたしにはその余裕がなかったですよ、まるっきり。反省、反省。