【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「デス・ヴィレッジ」を観る

movie

 つれあいが借りてきたレンタルDVD。もう怪しい香りプンプンな題名&レーベル印刷なもんで、お得意の期待感ゼロ状態で鑑賞。もちろん予備知識なし。
 これがね、けっこう面白かったんですよ。映画ド素人なわたしですから「コレがあ〜だからイイんだよね」という的確な評価が書けないのがジレったいんだけど、悪くないっす。といってもよくデキた映画でもないんだけどさ。
 なんだろね〜、脚本がイイのかな。全体的にチープ感漂うB級映画なんだけど、ハナシの展開だけはよくデキてるみたいな。ありゃりゃ!と言いたくなるようなコマ割りも散見されるにもかかわらず、内容に惹き付けられて最後まで観ちゃいました。
 舞台はジャマイカ。ジャマイカといえばブードゥー教ブードゥー教といえば呪い。ってわけで、大地主兄弟の弟の主治医として赴任したヒロインが、患者の病気の謎を解いていく、てな感じのストーリー。子どもの頃のわたしは不思議大好き少年でして、心霊とかUFOとかに興味津々だったんです。そんな中ですご〜くお気に入りの本があって、その題名が「世界の魔術師」だったことを思い出しましたよ。なんかインチキ臭い世界なんだけど、嫌いじゃない。トニー・カーティスの「マニトウ」なんかも好きだったし。といってもこの映画、大魔術師どうしの対決やら呪いガンガンてなわけじゃありませんのでご注意を。
 ヒロインのおねいさん、というかオバさんなんだけど(ジェニファー・グレイ)、ちょっとキャラが薄いのが残念とはいえ、それなりに肌の露出が多くてヨシ。それよりも現地の元気なおねいさん(というかオバさん)。コッチのキャラの方がよかったね〜(クリスティン・ウィルソン)。出会った翌日の朝に彼女の家を訪ねたら、全裸でお出迎えなんてイキなことしてくれる。とって付けたようなエロじゃなくて自然な感じがイイ。キャラ的には十分にエッチな設定だけどね。
追記:「ドクター・ドリトル」観たら、なんとこの人、奥さん役やってました。キレイな人です。なんとなく得した気分。
 ともあれ安っぽいのに面白いという、なんとも不思議な映画でした。コレね、実力のある監督にリメイクして欲しいですよ。かなりイイ作品になるんじゃないでしょか?。お勧めするにはナニだけど、こんなアンバランスな映画もあるってことで、興味のある方はどうぞ。