【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「ワンダと巨像」巨像8体まで(レポ2)

ワンダと巨像
 昨日の続き。夕べは4体目から8体目までの5体の巨像を撃破。難易度はかなり低めに設定されているみたいですね。いつもは25インチの4:3CRTでプレイしてるんですが、昨日は32インチの525p対応HDTV CRTにD端子接続してみました。オプションで16:9とプログレの設定ができるんですよ、このゲーム。お〜、かなりキレイ。それでは記憶が残っているうちに詳細いってみましょ。

巨像4体目

 お馬さんです。最初に見たとき、口の両脇にぶら下がっている変な飾りから登るもんだと思ってたけど、どうやら違うみたい。内部がトンネルで繋がってる土手みたいのが3カ所あるので、そこにおびき寄せて掴まろうとするも失敗の連続。そこでヒント出現。「巨像を欺いて背後に回れ」だって。もしかして尾っぽ?。
 背後に回るのはもう何回もやってたんですが、肝心なのは「欺く」ってことだったんですね〜。なんのためにトンネルがあるの?って考えるとわかりますよ。しかしお馬さんのあの格好、アレって穴を覗いてたのかな?。

巨像5体目

 やっと出てきた空飛ぶ巨像。トリさんです。最初は途方に暮れますが、トリさんに近づくと「矢で怒らせて誘え」みたいなヒントが出てくれます。言われたとおりに矢で射ると、怒って低空飛行。そっか、このとき飛びつくんだなと。
 でもね、建物の小さなトンネルの出口で待ってたんですよ、わたし。絶対に飛びつけませんて。何度か失敗して気づく。ハハ〜ン、両翼の付け根あたりにワサワサがあるじゃん!。あとはお分かりですね。弱点は3カ所。さすがにトリだけあって掴まり続けるのも楽じゃありません。何度か落っこちるのを覚悟で挑んでください。

巨像6体目

 バッファローマンですか、2本足だし。コレもお馬さん同様、笑かせていただきました。ヒントは「身を隠せ」。あの中央の四角いヤツの裏に隠れましたとも。バッファローマンはコチラを見失ってウロウロ。しばらくカクレンボしてましたが、なんにも起きません。
 そこで周りを見渡すと...、なにやらそれらしきところが!。そこに逃げ込む途中で気づきましたよ、どこから登るのか。予想どおりの行動をとってくれたバッファローマン、かわいいヤツです。

巨像7体目

 初モノのおサカナさん。水場のステージって悩みますよね。ねじりん棒や斜め台座みたいなところに誘い込むのかな〜?、なんて考えてたんですが、ヒントが出てみればごく標準的な戦術だったんですね。
 掴まり続けているとそのうち潜りっぱなしになるんで、何度か振り払われるのを覚悟で戦ってください。

巨像8体目

 トカゲさんです(ヤモリ?)。コイツはなかなか楽しいですよ。8体目にしてかなりトリッキーな巨像が現れてくれました。ガタイは小さいんですけど。
 ヒントは「上へ誘え」。最初、一番下で一生懸命戦ってたんですが、ぜんぜん攻略方法が見えてこない。そこにこのヒント。いいヒント出しますよね、このゲーム。やさし過ぎず、むずかし過ぎず。
 ヒントだけでは意味がわかりません。あとはひたすら巨像を観察すること。わたしの場合、初っ端に巨像の弱点のだいたいの位置を調べておいた(剣使用)ので、いくつもの階段を登ってるあいだに理解することができました。
 今のところひたすら巨像を倒していくだけのゲームですが、8体目ということもあり飽きるまでには至ってません。というか、最後のトカゲさんはイイですよね。後半に入ると、こういった一筋縄ではいかない巨像たちが待っているんだろうと期待させてくれます。
 そうそう、自分がプレイキャラになったつもりでじっくりと巨像と対峙してみたんですが、コレがなかなかに恐くてイイんです。あんなのが目の前にいて、しかも自分を狙ってると思うと背筋がゾゾゾォ〜〜〜です。