【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「零〜刺青の聲〜」ミッションSランク狙い(1-2)やっと2つ目(レポ19)

零~刺青の聲~
 久々に起動できましたよ、零。酒だ映画だで、ここんとこ触ってもいなかったですから。とりあえず5周目NIGHTMAREは置いといて、少しでもミッションのSランクを増やすことを決意。といってもSランク取れてるのは1-1のひとつだけ。今回はそのまま続けて1-2の蜘蛛女にチャレンジ。
 レポ18でも書いてますが、決めてはやはり初っ端のCoreShotだと思う。これが外れててベストショットのポイントが稼げてないと。でもね〜、コレがなかなか難しい。深紅ちゃんのスローをもってしてもダメなんです。自分なりにOKと思っても、どうしても5,200ポイントを超えてくれない(Sランクに必要なのは5,587ポイントらしい。攻略サイトより)。
 一応これまでの蜘蛛女攻略手順を書いてみます。

  1. スタートしたら体力メーターがギリギリになるまで放っとく(オレンジメーターを貯めるため)
  2. そのとき(最後のダメージ受けてるとき)が来たら、コントローラー持ちましょう
  3. 蜘蛛女が離れてから、ファインダーが覗ける最短のタイミングで射影機を構える。そのまま引き下がるところを追って、4つくらい黄色チャージ。
  4. チャージが終わって次の攻撃が始まるまでの間に□ボタンでスロー開始。
  5. 突進してくる蜘蛛女にしっかり丸フレームを合わせて黄色追加チャージ。黄色が一杯になったところで○ボタンで2重チャージ開始。
  6. 蜘蛛女がアップになってフェイタルフレーム!、Coreをうまく合わせて撮影。そのまま引き下がった蜘蛛女にもう一発コンボ。これで終了。

 なのになのに、どうしても5千チョイしかポイント取れない(T^T)。そこで最初の待ち時間を利用してファインダーを覗き、蜘蛛女のCoreを追ってみると...、アゴなんですか〜!?、蜘蛛ちゃんの顔のCoreって。
 敵が離れてるときは頭ですよね、Coreって。でも蜘蛛女がアップになると丸フレームに反応するのがどうやらアゴっぽい。そんなことを観察してるとき、もひとつ重要なことに気づく。ファインダーを構えただけじゃCore狙いのスピードに不満がある。そうだ、アレだよ、アレ、×ボタンでスピードアップしないと。
 そうなんです、わたし今の今までシャッターはすべて○ボタンで切ってました。つまりですよ、×ボタンでファインダーのスピードアップをしつつとか、右スティックで後退しながらみたいな撮影をしたことないんです。それをやりたければ、どうしてもシャッターはR1ボタンで切らないといけませんよね(右手の指がおっつかない)。
 ここでかなり悩みました。今までの操作方法を変えるとなると、馴れるまでにそれなりの時間を要します。でも、ででも、この先、これらテクニックを必要とするミッションが必ず現れるハズ。だったら今のうちからR1シャッターに切り替えておくべきかと。
 というわけでしばし練習モード。たしかに×ボタンを併用した方がCoreを狙い易い。スロー中だから要らんだろ!ってご指摘もごもっともですが、気持ちが違います、気持ちが(^^;)。練習もかねてるわけだし。右スティックは位置合わせに使用。このミッションでは後退できませんから。
 あとですね、通常の蜘蛛女の掴み攻撃ではなくて、スカ攻撃があるでしょ?。掴み損ねて深紅ちゃんと重なり体が透明になっているのに、しっかりとダメージを喰らうヤツ。コレのあとだと引き際の最初の黄色チャージができないんで、体力をホントにギリギリまで削っていると、Sランク狙いが不可能な状態になっちゃうんですよね。だから、ダメージ1回分くらい残した状態で対決するのが吉。
 というわけで、切り替えたボタンに困惑しながらも、やっとのことでSランクを取ることができました。約1時間の間、蜘蛛女(正式には四つん這いの女?)ばかり見てましたよ。あの掴んでから口を開けてホ〜ホ〜する蜘蛛ちゃんを、零というゲームを知らない人に(できることなら)見せてあげたい気分。恐いような笑っちゃうような。
 さて、次は1-3の乳母車ばあさんです。右スティックで後退しながらの撮影が功を奏するのか!?。