【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「スチームボーイ」を観る

スチームボーイ 通常版 [DVD]
 言わずとしれた大友克洋の作品。こちらが公式サイト。特に詳しくないわたしでも「AKIRA」が大友克洋の代表作であることは知ってます。この映画は面白かった。その後、「MEMORIES」なるオムニバス映画を観るも、特に印象なし。「SPRIGGAN」に至っては...、もうダメだと思った。
 というわけで、この「スチームボーイ」はハナから期待せずに鑑賞。TVCMを見る限り、なんとな〜く宮崎駿ライクな大活劇というイメージ。そういう見方自体にも問題あるけど、万が一そうであってもそれなりに楽しめるならイイや、みたいな。
 さっそく感想。レンタル期日前日で、酔っぱらいの眠い目をコジ開けながらの深夜鑑賞、という事実の影響もあるかもしれないことを、先に断っておきます。ダメです。なんかダメ。そりゃアニメ作品としての絵のクオリティーは、たいしたもんかもしれないけれど、どうにも楽しめませんでした。
 機械好きな主人公の男の子、あやしい組織の男たち、メッチャ元気な頑固じいさん、根は素直そうな活発ご令嬢などなど、登場するキャラだけですでに宮崎色。蒸気マシンのド派手なアクションシーンも言わずもがな。もう、そういう偏見に満ちあふれちゃった見方では、とても楽しめるハズもなく。
 もっと素直な目で観れば、それなりに楽しめる作品だとは思います。でも、天下の大友克洋がそういうことでイイのかぁ〜!、みたいな身勝手な期待を押し付けてしまったんですよ、きっと。だから今回の感想はいつにも増して独善的です。もひとつ追加の文句、主人公&特にじいさんの声、ちょっと演技が???。TV放送されるときが来たら、観てください。