【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

「THE JUON 呪怨」を観る

movie

THE JUON -呪怨- ディレクターズ・カットコレクターズ・エディション [DVD]
 さっそく観ちゃいました、ハリウッド制作版の「呪怨」。とはいえ監督はオリジナルと同じ清水崇。舞台も日本オンリー。イイことですよね、監督こみで評価されたってことですから。こちらが公式サイト。おっかない音が鳴り響くから音量に注意!。
 最初にね、老人の介護に来てた女の子がやられちゃうんですが、そこのデキが実に秀逸!。お〜、こりゃメッチャ期待できるかも〜!?って期待させてくれました。でも安心、その後はしっかり呪怨クオリティー。さすがにハリウッドだけあって手作り感覚のオリジナルよりも確実につくりはイイけど。しかし安心していいのやら?。
 日本が舞台だけど多くの出演者はアメリカ人?。日本に留学に来てたり働いたりしてる人たち。見覚えのある顔はあのイライジャ・ウッドも出演していた「パラサイト」のクレア・デュバルくらいかな。
 日本人の目から見ちゃうと、やっぱ外国人さんばかりで違和感あるんだけど、「和風ホラーの恐ろしさを思い知れ〜!!」って感じで観ることでフォロー可。しかしあの警備員、あまりに頼り無さげだよね、さすが日本人。
 日本の刑事役で出演の石橋凌。おっかしいよね、ウチじゃ彼の顔見ながら「あれって誰だっけ?、白竜?」「そうそう、白竜」なんて会話してるんだから(ちなみに白竜)。石橋さん、英語上手だよ。ぜんぜん違和感ない。でも演技が1本調子なんだよな。もちろん監督の意向だと思うんだけど、年がら年中渋い顔しないでメリハリが欲しい気が。妙に控えめなんで、押すときには押して欲しいな。変なとこでお辞儀するし(屋上ね)。
 トシオくん、かなりしっかりとした眼力で活躍しています。出番も多いんじゃないかな。カヤコのあのストーカー写真は恐いよね。あれが一番コワいかもしんない。もちろんカクカク・ギーギーの蜘蛛女振りも健在。でもひとつおしいのは、カヤコさんけっこう頻繁に顔だけ出演してるんだけど、表情が弱いときがあるんだよね。呪怨カヤコはもっと強い顔で通して欲しいです。
 というわけで、出演者に違和感を感じなければしっかりと楽しめる「呪怨」になってると思います。ホラー好きな方には、もちろんお勧めですよ。