【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

久々に驚かせてもらったコンパクトデジカメ FinePix F10

camera

FUJIFILM FinePix F10 デジタルカメラ
 なにはともあれこのレポート記事を見て欲しい。ISO400が実用になる夢のようなコンパクトデジカメが登場しました。もう驚きとしか言いようがないですね。
 言いたいことはすべてライターの方が書いてますんで、わたしはちょこっと一部を強調しましょうか。本来は昨今のコンパクトデジカメの標準感度がISO50(もしくは80)であることに驚くべきなんですよね、反対の意味で。なんで一般ユーザーがベルビア(銀塩の超高画質リバーサルフィルム。感度はISO50)使わなあかんねん!って。感度が低いってことは、いっぱい光が必要ってことで、ちょっと暗くなるとシャッター速度がかなり遅くなる。それをカバーするためにメーカーは手ブレ補正に力を入れる。おいおい、方向が違うだろ...。ダメだ、やっぱし記事と同じことしか書けない。
 F10のサンプル画像を見た素直な印象。ノイズの出方は大雑把に言ってデジタル一眼レフであるD70よりちょっとだけ多いくらいかな(誉め過ぎか?)。ISO400でも気にしなければほとんど気にならないD70に対し、やっぱ違うかな?(ISO80とかと比べて)って感じのF10。でも十分実用的に使えると思うデキ。ISO1600になっちゃうとD70だってノイズバリバリだからね〜。F10のソレは十分に合格点だと思いますよ。
 今、セカンドカメラとしてコンパクト機を買うなら、もう絶対にF10しかないです。他の性能もライターの人がほぼ満足しているのが心強い(謎のアダプタを除く)。でもね、この技術を使った他の機種も見てみたいところ。さらに明るいレンズを付けてみたり、単焦点でもっとコンパクトに、とかね。今後がすごく楽しみ。富士写真フィルムというメーカーが一気に輝いて見えますよ、ホント。