【旧サイト名】 koyan's special Site
【ゲームや映画の記事一覧】  ★ ゲームレポ一覧  ★ 映画メモ一覧
【旧サイトの内容はコチラ】 ジャンル別目次  日付別目次 (徒然キーボード)  旧プチ徒過去Log
【関連施設】 marinyaのイタチの気持ち  まりこ 手編みにハマる  We love Pets !!  過去の扉絵一覧  投稿写真Album  Special Profile  Special History
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koyanの明石

Mac、TV、映画、カメラ、イタチ、猫等についてボチボチ語ります。書いているのはおっさんです。

オリンパスE-300のダストリダクション

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-300 レンズセット
 なんとも微妙な位置にいるフォーサーズシステムのデジタル一眼レフ E-300。レンズ付で9万円を切るという画期的な低価格設定、コンパクトデジカメよりも圧倒的に大きな4/3inchのCCD、でもAPS-Cサイズよりは当然小さく高感度にはさほど強くない。なんとも、あ〜じれったい!って感じの存在です。
 それでも他のデジタル一眼レフより圧倒的な優位性を誇っているのが、このダストリダクションシステム。レンズ交換が可能ということは、内部にホコリが入りやすい。それが受光素子に影を落とし、撮影された画像に汚点を残す。レンズ交換できることをうたい文句にしているデジタル一眼レフのジレンマだ。オリンパスはその問題に正面から取り組んだ。
 で、この記事。ダストリダクションシステムについてわかりやすく説明されています。欲しいよね、この機能。実際の有効性もかなり高いらしい(評判が良い)。今現在、この機能が欲しい人はオリンパスを買うしかない。その価値もあると思う。それだけに余計悩ましさを増長されちゃうのさ、困った、困った。